山田真貴子・内閣広報官が辞職…28日には“口封じ”緊急入院

公開日: 更新日:

 このタイミングでは「国会での説明逃れ」「口封じ」との批判噴出は必至だ。菅首相の長男・正剛氏が勤める東北新社から、1人当たり7万円超の高額接待を受けていた山田真貴子・内閣広報官が入院していたことが1日分かった。自民党関係者によると、2月28日から入院しているという。

【写真】この記事の関連写真を見る(24枚)

 自民党の森山裕国対委員長は立憲民主党の安住淳国対委員長と国会内で会談し、山田氏が辞職を申し入れたと説明した。官邸は受理して辞職を決めた。

 山田氏は1日の衆院予算委員会の集中審議で、野党の質問に答える予定だったが、欠席。こうなる前に辞めさせる決断を下せなかった菅首相への批判が噴出しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る