河井案里氏の歳費4900万円超の返還求めて 広島住民ら提訴

公開日: 更新日:

 血税の無駄遣いに司法はどう判断を下すのか。

 2019年7月の参院選を巡る買収事件で公選法違反に問われ、有罪が確定して当選が無効となった河井案里元被告(47)について、地元・広島県の住民らが近く、国に対し、案里氏が受け取った歳費など4900万円超の返還を請求するよう求める訴訟を東京地裁に起こすという。22日の読売新聞が報じた。

 参院事務局によると、案里氏には19年7月以降、給与に当たる歳費約2119万円やボーナスに当たる期末手当約822万円など、総額4942万6514円が支払われた。しかし、歳費法には有罪確定後に返還を求める規定はない。

 原告側は「民主主義の根幹を揺るがす悪質な選挙犯罪で当選無効となった場合、歳費法の適用は受けない」と主張。受領した歳費などは不当利得に当たり、国には案里氏への返還請求権があると訴える方針だという。

 過去に地方議員を巡っては、買収事件で当選無効となった後、報酬の返還を求めた住民訴訟で、返還を認める判決が最高裁で確定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

もっと見る