「パレスチナ連帯デモ」が全国に20カ所以上に拡大 新宿駅南口には約2000人が集結

公開日: 更新日:

「Free Palestine!(パレスチナを解放せよ!)」「今すぐ停戦を!」──。通行人でごった返す日曜夕(18日)のJR新宿駅南口。イスラエル軍によるパレスチナ人虐殺への抗議がこだましていた。

 140万人以上が避難しているパレスチナ自治区ガザ地区南部ラファにイスラエル軍が地上作戦を展開する構えを見せる中、新宿駅前で行われていたのは「ラファに手を出すな! 全国連帯デモ」。在日パレスチナ人グループ「Palestinians of Japan」と「〈パレスチナ〉を生きる人々を想う学生若者有志の会」、イスラエル政府に対する「BDS運動」(B=ボイコット、D=資本引き揚げ、S=制裁)を訴える「BDS Japan Bulletin」が主催した。

 東京や大阪、札幌など全国20カ所以上で同時開催され、新宿駅南口には約2000人が集結。パレスチナの旗を掲げたり、マントのように羽織ったりする若者や、子ども連れの姿も目立った。

 ガザ出身の女性はマイクを握り、「イスラエルはパレスチナを消し去ろうとしています」「これは戦争ではありません。ジェノサイド(民族浄化)です」と涙ながらに訴え、イスラエルに対するBDSを呼びかけた。

 欧米では若者を中心にパレスチナ支持が広がっている。今回の全国連帯デモも若者が中心だった。

“大人の事情”で対米追従路線を敷く日本政府は、いつまでガザの虐殺を静観し続けるのか。

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮