各球団“マー君キラー”に聞いた 楽天・田中将大の「攻略法」

公開日:  更新日:

 この男を打たない限り、日本シリーズ進出は見えてこない。
 24勝無敗、防御率1.27で、球団創設以来、初のリーグ優勝に貢献した楽天の田中将大(24)。そんな「日本のエース」を相手にしなければいけないのがロッテだ。

 日本シリーズに出場するためには先に4勝する必要があるが、首位楽天には戦う前から1勝のアドバンテージが与えられている。その上、楽天の初戦先発は田中。「ロッテは最初から2敗しているようなもの」という声すらある。

 そこで今季、田中と対戦成績の良い選手に聞いてみた。「早い段階から狙い球を絞る」と話すのは、9打数3安打のオリックス・駿太(20)。

「僕が狙ったのは、ストレート、チェンジアップ、フォーク。スプリットは狙っても(バットに)当たらない。カーブも捨てました。僕は普段、打てそうな球なら全部打ちにいきますけど、田中さんの場合は球種を絞らないと打てませんね。2ストライクと追い込まれたら、田中さんは全てにおいて別人になる。スピードも制球力も全部変わる。得点圏に走者がいた場合は、さらに凄くなる。だから、なるべくカウントが早いうちから打てる球を絞らないと、田中さんは打てない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る