各球団“マー君キラー”に聞いた 楽天・田中将大の「攻略法」

公開日:  更新日:

 この男を打たない限り、日本シリーズ進出は見えてこない。
 24勝無敗、防御率1.27で、球団創設以来、初のリーグ優勝に貢献した楽天の田中将大(24)。そんな「日本のエース」を相手にしなければいけないのがロッテだ。

 日本シリーズに出場するためには先に4勝する必要があるが、首位楽天には戦う前から1勝のアドバンテージが与えられている。その上、楽天の初戦先発は田中。「ロッテは最初から2敗しているようなもの」という声すらある。

 そこで今季、田中と対戦成績の良い選手に聞いてみた。「早い段階から狙い球を絞る」と話すのは、9打数3安打のオリックス・駿太(20)。

「僕が狙ったのは、ストレート、チェンジアップ、フォーク。スプリットは狙っても(バットに)当たらない。カーブも捨てました。僕は普段、打てそうな球なら全部打ちにいきますけど、田中さんの場合は球種を絞らないと打てませんね。2ストライクと追い込まれたら、田中さんは全てにおいて別人になる。スピードも制球力も全部変わる。得点圏に走者がいた場合は、さらに凄くなる。だから、なるべくカウントが早いうちから打てる球を絞らないと、田中さんは打てない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る