各球団“マー君キラー”に聞いた 楽天・田中将大の「攻略法」

公開日: 更新日:

 この男を打たない限り、日本シリーズ進出は見えてこない。
 24勝無敗、防御率1.27で、球団創設以来、初のリーグ優勝に貢献した楽天田中将大(24)。そんな「日本のエース」を相手にしなければいけないのがロッテだ。

 日本シリーズに出場するためには先に4勝する必要があるが、首位楽天には戦う前から1勝のアドバンテージが与えられている。その上、楽天の初戦先発は田中。「ロッテは最初から2敗しているようなもの」という声すらある。

 そこで今季、田中と対戦成績の良い選手に聞いてみた。「早い段階から狙い球を絞る」と話すのは、9打数3安打のオリックス・駿太(20)。

「僕が狙ったのは、ストレート、チェンジアップ、フォーク。スプリットは狙っても(バットに)当たらない。カーブも捨てました。僕は普段、打てそうな球なら全部打ちにいきますけど、田中さんの場合は球種を絞らないと打てませんね。2ストライクと追い込まれたら、田中さんは全てにおいて別人になる。スピードも制球力も全部変わる。得点圏に走者がいた場合は、さらに凄くなる。だから、なるべくカウントが早いうちから打てる球を絞らないと、田中さんは打てない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る