巨人・内海に心配なCSファイナル“非情采配”の代償

公開日:  更新日:

<「代えるんですか!?」>

 16日の、セ・リーグCSファイナルステージ第1戦に先発した巨人・内海哲也(31)がわずか四回でマウンドを降ろされた。3安打2失点、自責は0だったので、テレビ解説をしていた山崎武司も、「代えるんですか?」と絶句していた。

 0―2の四回、巨人は1点を返し、なおも2死満塁で内海に打順が回ってきた。エースは当然のようにバットを持って打席へ向かおうとした。が、これを原監督が手で制し交代。「えっ」と驚いた様子の内海は、納得できないといった表情で戦況を見つめていた。

<大胆さがなくなる>

 そりゃそうだ。昨年まで2年連続で最多勝を獲得した意地もプライドもある。面白いはずはない。内海は「大事な初戦で四回で降板してしまい悔しい」と話したが、原監督は「回を追うごとに良くなってきていたけど、気持ち良く相手に終わらせたくなかった。攻撃をする。そっちを選択した」とこともなげに言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る