巨人・内海に心配なCSファイナル“非情采配”の代償

公開日: 更新日:

<「代えるんですか!?」>

 16日の、セ・リーグCSファイナルステージ第1戦に先発した巨人内海哲也(31)がわずか四回でマウンドを降ろされた。3安打2失点、自責は0だったので、テレビ解説をしていた山崎武司も、「代えるんですか?」と絶句していた。

 0―2の四回、巨人は1点を返し、なおも2死満塁で内海に打順が回ってきた。エースは当然のようにバットを持って打席へ向かおうとした。が、これを原監督が手で制し交代。「えっ」と驚いた様子の内海は、納得できないといった表情で戦況を見つめていた。

<大胆さがなくなる>

 そりゃそうだ。昨年まで2年連続で最多勝を獲得した意地もプライドもある。面白いはずはない。内海は「大事な初戦で四回で降板してしまい悔しい」と話したが、原監督は「回を追うごとに良くなってきていたけど、気持ち良く相手に終わらせたくなかった。攻撃をする。そっちを選択した」とこともなげに言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る