Rソックス先勝! あるか上原の「WシリーズMVP」専門家はこう見る

公開日: 更新日:

 今年で109回目のワールドシリーズが23日(日本時間24日)に開幕した。
 上原浩治(38)、田沢純一(27)のレッドソックスが相手のミスにも乗じて大量8点を奪って快勝。本拠地での初戦を制した。

 田沢は7点リードの八回2死からワールドシリーズ初登板。打者1人を151キロの直球で見逃し三振に仕留めた。

 この日の登板はなかったものの、地元ボストンでは、リーグ優勝決定戦でMVPを獲得した守護神・上原に09年のヤンキース・松井秀喜に次ぐ、「日本人2人目のワールドシリーズMVP受賞の可能性もある」とファンの注目が集まっている。

 何しろ、この両軍の戦力は、ほぼ互角。レギュラーシーズンの総得点はレッドソックス853、カージナルス783で、いずれもリーグ1位、チーム打率はそれぞれ2割7分7厘、2割6分9厘で、ともにリーグ2位だ。チーム防御率はレッドソックス3・79(6位)、カージナルス3・42(5位)と、数字の上では実力が拮抗している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る