Rソックス先勝! あるか上原の「WシリーズMVP」専門家はこう見る

公開日: 更新日:

 今年で109回目のワールドシリーズが23日(日本時間24日)に開幕した。
 上原浩治(38)、田沢純一(27)のレッドソックスが相手のミスにも乗じて大量8点を奪って快勝。本拠地での初戦を制した。

 田沢は7点リードの八回2死からワールドシリーズ初登板。打者1人を151キロの直球で見逃し三振に仕留めた。

 この日の登板はなかったものの、地元ボストンでは、リーグ優勝決定戦でMVPを獲得した守護神・上原に09年のヤンキース・松井秀喜に次ぐ、「日本人2人目のワールドシリーズMVP受賞の可能性もある」とファンの注目が集まっている。

 何しろ、この両軍の戦力は、ほぼ互角。レギュラーシーズンの総得点はレッドソックス853、カージナルス783で、いずれもリーグ1位、チーム打率はそれぞれ2割7分7厘、2割6分9厘で、ともにリーグ2位だ。チーム防御率はレッドソックス3・79(6位)、カージナルス3・42(5位)と、数字の上では実力が拮抗している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る