Rソックス先勝! あるか上原の「WシリーズMVP」専門家はこう見る

公開日:  更新日:

 今年で109回目のワールドシリーズが23日(日本時間24日)に開幕した。
 上原浩治(38)、田沢純一(27)のレッドソックスが相手のミスにも乗じて大量8点を奪って快勝。本拠地での初戦を制した。

 田沢は7点リードの八回2死からワールドシリーズ初登板。打者1人を151キロの直球で見逃し三振に仕留めた。

 この日の登板はなかったものの、地元ボストンでは、リーグ優勝決定戦でMVPを獲得した守護神・上原に09年のヤンキース・松井秀喜に次ぐ、「日本人2人目のワールドシリーズMVP受賞の可能性もある」とファンの注目が集まっている。

 何しろ、この両軍の戦力は、ほぼ互角。レギュラーシーズンの総得点はレッドソックス853、カージナルス783で、いずれもリーグ1位、チーム打率はそれぞれ2割7分7厘、2割6分9厘で、ともにリーグ2位だ。チーム防御率はレッドソックス3・79(6位)、カージナルス3・42(5位)と、数字の上では実力が拮抗している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る