井端は大減俸で退団、山本昌も…相次ぐ“落合査定” で中日ナインは凍える冬

公開日: 更新日:

「井端が大減俸を食らって退団した。これで誰も文句は言えないでしょ」

 中日のチーム関係者が暗い表情でこう言った。5日に始まった中日の契約更改。落合GMが就任後、初めての査定を行う今回は、スタート前に井端の大減俸、退団という大波乱が起こった。

 他選手にも厳しい“寒波”が吹き荒れた。この日は減額制限いっぱいでサインした選手が続出。小田は900万円減の2700万円。続く荒木も6800万円減の1億200万円。堂上剛ら中堅、若手も涙をのんだ。昨季を上回る36セーブを挙げた岩瀬は、現状維持の3億6000万円なら御の字だろう。

「これからも厳しい更改になるだろう」とは、某中日OBだ。

「井端以外にも、下交渉で減額制限を超える減俸を提示されている選手がいる。そのひとりが48歳の山本昌。今季は最近4年間で最多となる16試合に登板、5勝を挙げたものの、球団は6000万円から減額制限を超える33.3%のダウン提示。山本昌も当初は『やりすぎだろ!』と不満タラタラだったそうですが、本人が目標とする50歳までの現役続行が可能となる実質“2年契約”を提示されて一転、大減俸を受け入れたそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る