井端は大減俸で退団、山本昌も…相次ぐ“落合査定” で中日ナインは凍える冬

公開日:  更新日:

「井端が大減俸を食らって退団した。これで誰も文句は言えないでしょ」

 中日のチーム関係者が暗い表情でこう言った。5日に始まった中日の契約更改。落合GMが就任後、初めての査定を行う今回は、スタート前に井端の大減俸、退団という大波乱が起こった。

 他選手にも厳しい“寒波”が吹き荒れた。この日は減額制限いっぱいでサインした選手が続出。小田は900万円減の2700万円。続く荒木も6800万円減の1億200万円。堂上剛ら中堅、若手も涙をのんだ。昨季を上回る36セーブを挙げた岩瀬は、現状維持の3億6000万円なら御の字だろう。

「これからも厳しい更改になるだろう」とは、某中日OBだ。

「井端以外にも、下交渉で減額制限を超える減俸を提示されている選手がいる。そのひとりが48歳の山本昌。今季は最近4年間で最多となる16試合に登板、5勝を挙げたものの、球団は6000万円から減額制限を超える33.3%のダウン提示。山本昌も当初は『やりすぎだろ!』と不満タラタラだったそうですが、本人が目標とする50歳までの現役続行が可能となる実質“2年契約”を提示されて一転、大減俸を受け入れたそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る