井端は大減俸で退団、山本昌も…相次ぐ“落合査定” で中日ナインは凍える冬

公開日: 更新日:

「井端が大減俸を食らって退団した。これで誰も文句は言えないでしょ」

 中日のチーム関係者が暗い表情でこう言った。5日に始まった中日の契約更改。落合GMが就任後、初めての査定を行う今回は、スタート前に井端の大減俸、退団という大波乱が起こった。

 他選手にも厳しい“寒波”が吹き荒れた。この日は減額制限いっぱいでサインした選手が続出。小田は900万円減の2700万円。続く荒木も6800万円減の1億200万円。堂上剛ら中堅、若手も涙をのんだ。昨季を上回る36セーブを挙げた岩瀬は、現状維持の3億6000万円なら御の字だろう。

「これからも厳しい更改になるだろう」とは、某中日OBだ。

「井端以外にも、下交渉で減額制限を超える減俸を提示されている選手がいる。そのひとりが48歳の山本昌。今季は最近4年間で最多となる16試合に登板、5勝を挙げたものの、球団は6000万円から減額制限を超える33.3%のダウン提示。山本昌も当初は『やりすぎだろ!』と不満タラタラだったそうですが、本人が目標とする50歳までの現役続行が可能となる実質“2年契約”を提示されて一転、大減俸を受け入れたそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る