即戦力重視&ゴリ押しが一転…中日・落合GMの不気味な沈黙

公開日: 更新日:

 監督時代とはえらい違いである。中日の落合GMが挑んだ初のドラフト。注目の1位指名は、松井裕樹だった。

 谷繁兼任監督がクジで外し、外れ1位は何と高校生の鈴木翔太投手(聖隷クリストファー高=18)。落合GMは監督時代、大学、社会人の指名が多く、即戦力重視のドラフトを好んだ。オリックスが単独1位指名したJR東日本の吉田一将の指名もあるといわれたが、それとは真逆の高校生。谷繁監督は鈴木の指名について「将来性というところはチーム的に一致していた」と説明。落合GMも同意したという。

 しかも、前回監督時はドラフト直前に自らの希望選手を“ゴリ押し”したこともあった。08年はスカウトが大田泰示(東海大相模高)の1位指名を固めていたのを、ドラフト当日になって「野本でいく」と1位指名。騒動になった。

 が、今回のドラフトは平穏無事に終了。中田スカウト部長によれば、「GMからは『高卒3年目くらいで面白い選手はいないか?』と聞かれて、『(4位で指名した)阿知羅(JR東日本)というのがいる』と話したら、GMも名前を知っていた」と明かし、きちんと意見交換も行われたもよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る