• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

即戦力重視&ゴリ押しが一転…中日・落合GMの不気味な沈黙

 監督時代とはえらい違いである。中日の落合GMが挑んだ初のドラフト。注目の1位指名は、松井裕樹だった。

 谷繁兼任監督がクジで外し、外れ1位は何と高校生の鈴木翔太投手(聖隷クリストファー高=18)。落合GMは監督時代、大学、社会人の指名が多く、即戦力重視のドラフトを好んだ。オリックスが単独1位指名したJR東日本の吉田一将の指名もあるといわれたが、それとは真逆の高校生。谷繁監督は鈴木の指名について「将来性というところはチーム的に一致していた」と説明。落合GMも同意したという。

 しかも、前回監督時はドラフト直前に自らの希望選手を“ゴリ押し”したこともあった。08年はスカウトが大田泰示(東海大相模高)の1位指名を固めていたのを、ドラフト当日になって「野本でいく」と1位指名。騒動になった。

 が、今回のドラフトは平穏無事に終了。中田スカウト部長によれば、「GMからは『高卒3年目くらいで面白い選手はいないか?』と聞かれて、『(4位で指名した)阿知羅(JR東日本)というのがいる』と話したら、GMも名前を知っていた」と明かし、きちんと意見交換も行われたもよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る