即戦力重視&ゴリ押しが一転…中日・落合GMの不気味な沈黙

公開日: 更新日:

 監督時代とはえらい違いである。中日の落合GMが挑んだ初のドラフト。注目の1位指名は、松井裕樹だった。

 谷繁兼任監督がクジで外し、外れ1位は何と高校生の鈴木翔太投手(聖隷クリストファー高=18)。落合GMは監督時代、大学、社会人の指名が多く、即戦力重視のドラフトを好んだ。オリックスが単独1位指名したJR東日本の吉田一将の指名もあるといわれたが、それとは真逆の高校生。谷繁監督は鈴木の指名について「将来性というところはチーム的に一致していた」と説明。落合GMも同意したという。

 しかも、前回監督時はドラフト直前に自らの希望選手を“ゴリ押し”したこともあった。08年はスカウトが大田泰示(東海大相模高)の1位指名を固めていたのを、ドラフト当日になって「野本でいく」と1位指名。騒動になった。

 が、今回のドラフトは平穏無事に終了。中田スカウト部長によれば、「GMからは『高卒3年目くらいで面白い選手はいないか?』と聞かれて、『(4位で指名した)阿知羅(JR東日本)というのがいる』と話したら、GMも名前を知っていた」と明かし、きちんと意見交換も行われたもよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る