谷繁中日が本格始動 復活「地獄のキャンプ」は2年間のサビ落とし

公開日: 更新日:

「もう、フラフラ……」

 選手も音を上げるしかなかった。

 1日にスタートした中日の秋季キャンプ。谷繁新監督の下、落合監督時代の「地獄のキャンプ」が復活した。

 監督就任後、初めて一、二軍のコーチが勢揃いした練習前、谷繁監督は円陣を組んで、こう語った。
「嫌というほど練習してもらって、それぞれが力をつけてください」

 その言葉どおり、10時の練習開始から、投手は走り込み中心。野手は走り込みと打ち込み。個別メニューも含めると、すっかり日も暮れた夜7時近くまで体をいじめ抜いた選手もいた。

 今回のキャンプは、高木監督時代の2年間のさび落としに全力が注がれそうだ。

 かつて、落合GMが監督時代の秋季キャンプは、足がつってリタイアしたり、1日1000スイングというノルマを達成するために泣きながら練習する選手もいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る