谷繁中日が本格始動 復活「地獄のキャンプ」は2年間のサビ落とし

公開日:  更新日:

「もう、フラフラ……」

 選手も音を上げるしかなかった。

 1日にスタートした中日の秋季キャンプ。谷繁新監督の下、落合監督時代の「地獄のキャンプ」が復活した。

 監督就任後、初めて一、二軍のコーチが勢揃いした練習前、谷繁監督は円陣を組んで、こう語った。
「嫌というほど練習してもらって、それぞれが力をつけてください」

 その言葉どおり、10時の練習開始から、投手は走り込み中心。野手は走り込みと打ち込み。個別メニューも含めると、すっかり日も暮れた夜7時近くまで体をいじめ抜いた選手もいた。

 今回のキャンプは、高木監督時代の2年間のさび落としに全力が注がれそうだ。

 かつて、落合GMが監督時代の秋季キャンプは、足がつってリタイアしたり、1日1000スイングというノルマを達成するために泣きながら練習する選手もいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る