• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

谷繁中日が本格始動 復活「地獄のキャンプ」は2年間のサビ落とし

「もう、フラフラ……」

 選手も音を上げるしかなかった。

 1日にスタートした中日の秋季キャンプ。谷繁新監督の下、落合監督時代の「地獄のキャンプ」が復活した。

 監督就任後、初めて一、二軍のコーチが勢揃いした練習前、谷繁監督は円陣を組んで、こう語った。
「嫌というほど練習してもらって、それぞれが力をつけてください」

 その言葉どおり、10時の練習開始から、投手は走り込み中心。野手は走り込みと打ち込み。個別メニューも含めると、すっかり日も暮れた夜7時近くまで体をいじめ抜いた選手もいた。

 今回のキャンプは、高木監督時代の2年間のさび落としに全力が注がれそうだ。

 かつて、落合GMが監督時代の秋季キャンプは、足がつってリタイアしたり、1日1000スイングというノルマを達成するために泣きながら練習する選手もいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る