谷繁中日が本格始動 復活「地獄のキャンプ」は2年間のサビ落とし

公開日: 更新日:

「もう、フラフラ……」

 選手も音を上げるしかなかった。

 1日にスタートした中日の秋季キャンプ。谷繁新監督の下、落合監督時代の「地獄のキャンプ」が復活した。

 監督就任後、初めて一、二軍のコーチが勢揃いした練習前、谷繁監督は円陣を組んで、こう語った。
「嫌というほど練習してもらって、それぞれが力をつけてください」

 その言葉どおり、10時の練習開始から、投手は走り込み中心。野手は走り込みと打ち込み。個別メニューも含めると、すっかり日も暮れた夜7時近くまで体をいじめ抜いた選手もいた。

 今回のキャンプは、高木監督時代の2年間のさび落としに全力が注がれそうだ。

 かつて、落合GMが監督時代の秋季キャンプは、足がつってリタイアしたり、1日1000スイングというノルマを達成するために泣きながら練習する選手もいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る