中日・井端 退団のウラに落合GMとの“不穏な関係”

公開日:  更新日:

<大減俸、失踪騒ぎの末に自由契約>

 突然の発表だった。4日、中日の井端弘和(38)の退団が決まった。
 井端は10月末、球団との下交渉で今季1億9000万円から、減額制限(40%)を大幅に超える約90%減の2300万円の提示を受け、交渉が決裂。1日の秋季キャンプから一切、公に姿を見せず、すでにロッカーの荷物整理を済ませていたという。周囲との連絡も断ち、失踪か!? ともいわれた井端は「今後のことは何も考えていません」とコメントした。

 中日は今オフから落合GMが就任。井端にとって落合GMは、監督就任1年目からレギュラーとして起用してくれた“恩師”にあたる。今季は故障で低迷したが、来季の復活へ土台が整ったとみるファンもいただろう。
「いや、井端と落合さんとの関係は、以前から冷え込んでいた」と、話すのは中日OB。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る