中日・井端 退団のウラに落合GMとの“不穏な関係”

公開日:  更新日:

<大減俸、失踪騒ぎの末に自由契約>

 突然の発表だった。4日、中日の井端弘和(38)の退団が決まった。
 井端は10月末、球団との下交渉で今季1億9000万円から、減額制限(40%)を大幅に超える約90%減の2300万円の提示を受け、交渉が決裂。1日の秋季キャンプから一切、公に姿を見せず、すでにロッカーの荷物整理を済ませていたという。周囲との連絡も断ち、失踪か!? ともいわれた井端は「今後のことは何も考えていません」とコメントした。

 中日は今オフから落合GMが就任。井端にとって落合GMは、監督就任1年目からレギュラーとして起用してくれた“恩師”にあたる。今季は故障で低迷したが、来季の復活へ土台が整ったとみるファンもいただろう。
「いや、井端と落合さんとの関係は、以前から冷え込んでいた」と、話すのは中日OB。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る