イチロー超えも視野? 14億円を蹴飛ばした黒田の「勝算」

公開日: 更新日:

 メジャーでFAになった黒田博樹(38)が、ヤンキースからの14億円提示を拒否したと話題になっている。

 ヤンキースの条件提示は、「クオリファイング・オファー」と呼ばれるもの。FAになる選手に対して、旧球団は決められた額のオファーが優先的にできる。それが今季は14億円だった。選手には1週間以内に返事をする義務が生じるが、期限が過ぎた後は旧球団を含めた全球団と交渉できる。仮に他球団に移籍した場合、旧球団は新球団から翌年のドラフト指名権を得られる。黒田は昨年もヤンキースの「クオリファイング・オファー」を蹴って15億円で残留した。

「ヤンキースも黒田が14億円で残留するとは思っていない。断られるのは織り込み済みです」とメジャー担当記者がこう続ける。

「黒田は今季32試合に先発(11勝13敗)したヤンキースのエースです。ペティットが引退したいま、計算の立つ先発は今季9勝(6敗)のノバひとり。左腕のサバシア(同14勝13敗)は昨年オフに右ひざを手術した後遺症が心配されている。黒田との再契約は球団の最優先事項なのです。1年契約ということを考えれば、20億円近い年俸で決着するでしょう。黒田にはその自信があるからオファーを蹴飛ばしたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る