イチロー超えも視野? 14億円を蹴飛ばした黒田の「勝算」

公開日: 更新日:

 メジャーでFAになった黒田博樹(38)が、ヤンキースからの14億円提示を拒否したと話題になっている。

 ヤンキースの条件提示は、「クオリファイング・オファー」と呼ばれるもの。FAになる選手に対して、旧球団は決められた額のオファーが優先的にできる。それが今季は14億円だった。選手には1週間以内に返事をする義務が生じるが、期限が過ぎた後は旧球団を含めた全球団と交渉できる。仮に他球団に移籍した場合、旧球団は新球団から翌年のドラフト指名権を得られる。黒田は昨年もヤンキースの「クオリファイング・オファー」を蹴って15億円で残留した。

「ヤンキースも黒田が14億円で残留するとは思っていない。断られるのは織り込み済みです」とメジャー担当記者がこう続ける。

「黒田は今季32試合に先発(11勝13敗)したヤンキースのエースです。ペティットが引退したいま、計算の立つ先発は今季9勝(6敗)のノバひとり。左腕のサバシア(同14勝13敗)は昨年オフに右ひざを手術した後遺症が心配されている。黒田との再契約は球団の最優先事項なのです。1年契約ということを考えれば、20億円近い年俸で決着するでしょう。黒田にはその自信があるからオファーを蹴飛ばしたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る