• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチロー超えも視野? 14億円を蹴飛ばした黒田の「勝算」

 メジャーでFAになった黒田博樹(38)が、ヤンキースからの14億円提示を拒否したと話題になっている。

 ヤンキースの条件提示は、「クオリファイング・オファー」と呼ばれるもの。FAになる選手に対して、旧球団は決められた額のオファーが優先的にできる。それが今季は14億円だった。選手には1週間以内に返事をする義務が生じるが、期限が過ぎた後は旧球団を含めた全球団と交渉できる。仮に他球団に移籍した場合、旧球団は新球団から翌年のドラフト指名権を得られる。黒田は昨年もヤンキースの「クオリファイング・オファー」を蹴って15億円で残留した。

「ヤンキースも黒田が14億円で残留するとは思っていない。断られるのは織り込み済みです」とメジャー担当記者がこう続ける。

「黒田は今季32試合に先発(11勝13敗)したヤンキースのエースです。ペティットが引退したいま、計算の立つ先発は今季9勝(6敗)のノバひとり。左腕のサバシア(同14勝13敗)は昨年オフに右ひざを手術した後遺症が心配されている。黒田との再契約は球団の最優先事項なのです。1年契約ということを考えれば、20億円近い年俸で決着するでしょう。黒田にはその自信があるからオファーを蹴飛ばしたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る