オリックス1位・宮城大弥 南風原出身52歳父の波瀾万丈人生

公開日: 更新日:

 沖縄南部の南風原出身の父・享さん(52)は、中学3年の時、交通事故で左腕の神経を損傷したため、今も自由が利かない。

 小さいころから腕力や体力には自信があり、中学時代は野球をやっていた。推薦入試で福岡の高校に合格していたが、事故で進学を断念、野球を諦めざるを得なくなった。

 それから1年間の浪人生活を経て、地元の定時制高校へ入学。右手1本で、定時制のバドミントンの大会で優勝したこともある。

■5万円握りしめ

 そんな享さんは、もう一つの夢を追いかけた。高校卒業後、コツコツと貯めたお金で一念発起し、単身渡米した。沖縄とロサンゼルスの往復航空運賃は当時、43万円ほどだったという。「米国で映画関係の仕事をしたかった」と話す享さんはロスに到着するや、空港で帰りのチケットをゴミ箱に捨てた。手持ちはたったの5万円。親類が営んでいたコーヒーショップでアルバイトをしながら、仕事を探した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

もっと見る