呉も中田賢も鶴岡も…阪神の補強、威勢はいいが全滅危機

公開日: 更新日:

 阪神の補強作戦が混沌としてきた。

 今オフ、補強ポイントの抑え候補として、韓国サムスンの呉昇桓(31)の獲得に照準を絞った。13日には、南球団社長が「(優先順位として)一番は呉を獲得すること」と話した。

 しかし、ここにきて移籍金を含めると総額5億円とも7億円ともいわれる資金が必要になることが明らかになったことに加え、呉の所属するサムスンがアジアシリーズに出場することで具体的な交渉がなかなか進まず、獲得に暗雲が漂い始めているという。

 阪神の助っ人はマートン、メッセンジャーの残留が濃厚で、新助っ人のゴメスが加入した。外国人枠の残り1枠に呉が入れば万々歳で、呉の獲得に失敗しても、スタンリッジを残留させればいいといっても、それでは懸案の抑え投手が獲得できない事態に陥る。

<久保も流出か>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る