呉も中田賢も鶴岡も…阪神の補強、威勢はいいが全滅危機

公開日:  更新日:

 阪神の補強作戦が混沌としてきた。

 今オフ、補強ポイントの抑え候補として、韓国サムスンの呉昇桓(31)の獲得に照準を絞った。13日には、南球団社長が「(優先順位として)一番は呉を獲得すること」と話した。

 しかし、ここにきて移籍金を含めると総額5億円とも7億円ともいわれる資金が必要になることが明らかになったことに加え、呉の所属するサムスンがアジアシリーズに出場することで具体的な交渉がなかなか進まず、獲得に暗雲が漂い始めているという。

 阪神の助っ人はマートン、メッセンジャーの残留が濃厚で、新助っ人のゴメスが加入した。外国人枠の残り1枠に呉が入れば万々歳で、呉の獲得に失敗しても、スタンリッジを残留させればいいといっても、それでは懸案の抑え投手が獲得できない事態に陥る。

<久保も流出か>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る