呉も中田賢も鶴岡も…阪神の補強、威勢はいいが全滅危機

公開日: 更新日:

 阪神の補強作戦が混沌としてきた。

 今オフ、補強ポイントの抑え候補として、韓国サムスンの呉昇桓(31)の獲得に照準を絞った。13日には、南球団社長が「(優先順位として)一番は呉を獲得すること」と話した。

 しかし、ここにきて移籍金を含めると総額5億円とも7億円ともいわれる資金が必要になることが明らかになったことに加え、呉の所属するサムスンがアジアシリーズに出場することで具体的な交渉がなかなか進まず、獲得に暗雲が漂い始めているという。

 阪神の助っ人はマートン、メッセンジャーの残留が濃厚で、新助っ人のゴメスが加入した。外国人枠の残り1枠に呉が入れば万々歳で、呉の獲得に失敗しても、スタンリッジを残留させればいいといっても、それでは懸案の抑え投手が獲得できない事態に陥る。

<久保も流出か>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る