「30分交渉」で双方ニンマリ FA涌井ロッテ入りの“黒幕”

公開日:  更新日:

「もう腹は決まっている」ということだろう。

 西武からFA宣言した涌井秀章(27)が19日、都内ホテルでロッテと初交渉。わずか30分足らずの顔合わせだったにもかかわらず、本人は「ロッテさんの熱い思いを伝えてもらいました。ロッテのユニホームを着るイメージ? はい。それは(あります)」と入団に前向きな姿勢を強調した。

 涌井の反応に、ロッテ側はニンマリ。林球団本部長は、「涌井選手に対する思いは率直に伝わった。(獲得の)手応えはありました」と話すと、最後には「今日の感じからすると伊東監督に(交渉に)来てもらう必要はないですね」と言う“余裕”まで見せたから、入団は決まったようなものだ。

 今季、西武では先発だけではなく、抑えや中継ぎまでやらされた涌井。そんな「便利屋」ではなく「先発一本」でやりたい本人と、「先発しか考えていない」ロッテは相思相愛だ。とはいえ、「条件面の話は一切話題に上っていない」(林本部長)段階でここまで話が進む裏には、シーズン中のロッテ主力選手らの「暗躍」がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る