「30分交渉」で双方ニンマリ FA涌井ロッテ入りの“黒幕”

公開日: 更新日:

「もう腹は決まっている」ということだろう。

 西武からFA宣言した涌井秀章(27)が19日、都内ホテルでロッテと初交渉。わずか30分足らずの顔合わせだったにもかかわらず、本人は「ロッテさんの熱い思いを伝えてもらいました。ロッテのユニホームを着るイメージ? はい。それは(あります)」と入団に前向きな姿勢を強調した。

 涌井の反応に、ロッテ側はニンマリ。林球団本部長は、「涌井選手に対する思いは率直に伝わった。(獲得の)手応えはありました」と話すと、最後には「今日の感じからすると伊東監督に(交渉に)来てもらう必要はないですね」と言う“余裕”まで見せたから、入団は決まったようなものだ。

 今季、西武では先発だけではなく、抑えや中継ぎまでやらされた涌井。そんな「便利屋」ではなく「先発一本」でやりたい本人と、「先発しか考えていない」ロッテは相思相愛だ。とはいえ、「条件面の話は一切話題に上っていない」(林本部長)段階でここまで話が進む裏には、シーズン中のロッテ主力選手らの「暗躍」がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る