手を挙げたのはロッテだけ…FA涌井を待つ“厳しい銭闘”

公開日: 更新日:

「こんなはずじゃなかった」が本音だろう。西武からFA宣言して19日、都内のホテルでロッテと初交渉を行う涌井秀章(27)のことである。

 今季、5勝(7敗7セーブ)に終わった涌井は、シーズン中には不慣れな中継ぎや抑えを強要された。そんなチームの起用法に嫌気がさしていただけに、親しい間柄の伊東監督率いるロッテが獲得に名乗りを上げたのは「渡りに船」だった。

 しかし、獲得に名乗りを上げているのがロッテだけでは、涌井ももろ手を挙げては喜べない。

 プロ通算85勝で、今春のWBC日本代表右腕には当初、楽天オリックス、DeNA、巨人など複数球団が獲得に乗り出すといわれていた。ところが、高年俸(2億2000万円)や過去の素行がネックになったのか、最終的に手を挙げたのはロッテだけ。こうなると、西武に戻りたくない涌井はロッテに「入れてもらう」しかない。交渉もロッテ主導となり、金銭を含めた条件面の大幅アップは厳しい状況だ。

 格下の大竹(広島)や中田賢(中日)らがFA戦線で争奪戦を繰り広げられているにもかかわらず、涌井だけは「蚊帳の外」。この悔しさは来シーズンの結果で「倍返し」するしかない!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

  7. 7

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  10. 10

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

もっと見る