手を挙げたのはロッテだけ…FA涌井を待つ“厳しい銭闘”

公開日:  更新日:

「こんなはずじゃなかった」が本音だろう。西武からFA宣言して19日、都内のホテルでロッテと初交渉を行う涌井秀章(27)のことである。

 今季、5勝(7敗7セーブ)に終わった涌井は、シーズン中には不慣れな中継ぎや抑えを強要された。そんなチームの起用法に嫌気がさしていただけに、親しい間柄の伊東監督率いるロッテが獲得に名乗りを上げたのは「渡りに船」だった。

 しかし、獲得に名乗りを上げているのがロッテだけでは、涌井ももろ手を挙げては喜べない。

 プロ通算85勝で、今春のWBC日本代表右腕には当初、楽天やオリックス、DeNA、巨人など複数球団が獲得に乗り出すといわれていた。ところが、高年俸(2億2000万円)や過去の素行がネックになったのか、最終的に手を挙げたのはロッテだけ。こうなると、西武に戻りたくない涌井はロッテに「入れてもらう」しかない。交渉もロッテ主導となり、金銭を含めた条件面の大幅アップは厳しい状況だ。

 格下の大竹(広島)や中田賢(中日)らがFA戦線で争奪戦を繰り広げられているにもかかわらず、涌井だけは「蚊帳の外」。この悔しさは来シーズンの結果で「倍返し」するしかない!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る