手を挙げたのはロッテだけ…FA涌井を待つ“厳しい銭闘”

公開日:  更新日:

「こんなはずじゃなかった」が本音だろう。西武からFA宣言して19日、都内のホテルでロッテと初交渉を行う涌井秀章(27)のことである。

 今季、5勝(7敗7セーブ)に終わった涌井は、シーズン中には不慣れな中継ぎや抑えを強要された。そんなチームの起用法に嫌気がさしていただけに、親しい間柄の伊東監督率いるロッテが獲得に名乗りを上げたのは「渡りに船」だった。

 しかし、獲得に名乗りを上げているのがロッテだけでは、涌井ももろ手を挙げては喜べない。

 プロ通算85勝で、今春のWBC日本代表右腕には当初、楽天やオリックス、DeNA、巨人など複数球団が獲得に乗り出すといわれていた。ところが、高年俸(2億2000万円)や過去の素行がネックになったのか、最終的に手を挙げたのはロッテだけ。こうなると、西武に戻りたくない涌井はロッテに「入れてもらう」しかない。交渉もロッテ主導となり、金銭を含めた条件面の大幅アップは厳しい状況だ。

 格下の大竹(広島)や中田賢(中日)らがFA戦線で争奪戦を繰り広げられているにもかかわらず、涌井だけは「蚊帳の外」。この悔しさは来シーズンの結果で「倍返し」するしかない!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る