日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「後半に緊張…」スランプの村上佳菜子 ソチに赤信号!?

 心配していたことが現実のものとなった――。女子フィギュアの村上佳菜子(19)は1日、地元の愛知県競技会に出場。ショートプログラム(SP)のみの大会で53.53点の低い点数に顔を曇らせた。

 まさかの7位に終わった先月のグランプリシリーズ・ロシア杯のSPでは、最初に違う演技曲がかかるハプニングで集中力が途切れ、ジャンプの構成を大幅に変えたことも裏目に出た。「SPで悪いイメージがついている。どうしていけばいいか分からない」と困惑する村上は、「後半に(2連続3回転が)入っていることを意識して緊張する」という。

 山田満知子コーチは、「何かが合っていない。この曲(スイングメドレー)で滑るのかどうするのか考えないといけない」と話し、ソチ五輪の出場権がかかる21日からの全日本選手権を前に、以前に演技した曲に戻すこともにおわせた。

 日刊ゲンダイは11月、「村上は精神的にもろく、気持ちの切り替えが下手。一度、大きな失敗をすると立ち直りに時間を要する」と指摘した。

 ロシア杯でのアクシデントでグランプリファイナル出場を逃した「ポスト浅田真央」のソチは赤信号だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事