「後半に緊張…」スランプの村上佳菜子 ソチに赤信号!?

公開日: 更新日:

 心配していたことが現実のものとなった――。女子フィギュアの村上佳菜子(19)は1日、地元の愛知県競技会に出場。ショートプログラム(SP)のみの大会で53.53点の低い点数に顔を曇らせた。

 まさかの7位に終わった先月のグランプリシリーズ・ロシア杯のSPでは、最初に違う演技曲がかかるハプニングで集中力が途切れ、ジャンプの構成を大幅に変えたことも裏目に出た。「SPで悪いイメージがついている。どうしていけばいいか分からない」と困惑する村上は、「後半に(2連続3回転が)入っていることを意識して緊張する」という。

 山田満知子コーチは、「何かが合っていない。この曲(スイングメドレー)で滑るのかどうするのか考えないといけない」と話し、ソチ五輪の出場権がかかる21日からの全日本選手権を前に、以前に演技した曲に戻すこともにおわせた。

 日刊ゲンダイは11月、「村上は精神的にもろく、気持ちの切り替えが下手。一度、大きな失敗をすると立ち直りに時間を要する」と指摘した。

 ロシア杯でのアクシデントでグランプリファイナル出場を逃した「ポスト浅田真央」のソチは赤信号だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る