• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「子どもの体じゃない」…浅田真央が再び選んだ「ノクターン」の舞

「ショート、フリーとも集中して、自分の持っているものを出したいなと思っています。(優勝した)スケートアメリカよりも、もう一段、上の滑りをしたい」――。

 ソチ五輪での表彰台を目指すフィギュアスケートの浅田真央(23)がこう言った。

 7日、フィギュアスケートGPシリーズNHK杯(8~10日・東京)の開幕を前に公式練習が行われ、浅田は鈴木明子(28)、宮原知子(15)の日本勢とともに調整。ショートプログラム(SP)、フリー(FS)とも随所にトリプルアクセルを決めるなど調子の良さをうかがわせた。

 来年2月のソチ五輪を最後に引退を表明している浅田は、今季をフィギュアスケーターとしての「集大成」と位置付けている。佐藤信夫コーチとともに取り組んできたスケーティングスキルはすでに完成の域に達し、今季初戦のGPシリーズ米国杯では、バンクーバー五輪でマークした自己最高の205・50点に迫る204・55点で優勝した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る