「子どもの体じゃない」…浅田真央が再び選んだ「ノクターン」の舞

公開日: 更新日:

「ショート、フリーとも集中して、自分の持っているものを出したいなと思っています。(優勝した)スケートアメリカよりも、もう一段、上の滑りをしたい」――。

 ソチ五輪での表彰台を目指すフィギュアスケート浅田真央(23)がこう言った。

 7日、フィギュアスケートGPシリーズNHK杯(8~10日・東京)の開幕を前に公式練習が行われ、浅田は鈴木明子(28)、宮原知子(15)の日本勢とともに調整。ショートプログラム(SP)、フリー(FS)とも随所にトリプルアクセルを決めるなど調子の良さをうかがわせた。

 来年2月のソチ五輪を最後に引退を表明している浅田は、今季をフィギュアスケーターとしての「集大成」と位置付けている。佐藤信夫コーチとともに取り組んできたスケーティングスキルはすでに完成の域に達し、今季初戦のGPシリーズ米国杯では、バンクーバー五輪でマークした自己最高の205・50点に迫る204・55点で優勝した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る