ゴリ押しせず「残留」も視野…マー君の見上げたプロ根性

公開日: 更新日:

「日本人メジャーリーガーのパイオニア」といわれた野茂英雄(45)は、夢をかなえるために近鉄とケンカをするという道を選んだ。結果的に野茂は近鉄を退団。背水の覚悟で海を渡り、成功を手にした。

 それに比べると、物分かりの良い発言が目立つのが楽天の田中将大(25)だ。17日にメジャー挑戦を初めて口にした会見では、
「ポスティングにかけない、残ってくれと言われたら、そこでまた全力を尽くすのがプロです」
 と言った。

 19日はKスタ宮城で「統一球」を使ってキャッチボール。報道陣に「メジャー公認球は使わないのか?」と聞かれると、「移籍がちゃんと決まれば使う」と話した。

 そんな田中の言動にクビをひねるのが、野茂の代理人を務めた団野村氏。
「(田中は)どんな形でも球団の決定に従うでしょう。野茂がメジャーを目指したときのような『何が何でも』という意思はないのではないか」と「週刊朝日」の12月20日号で語っているが、本当にそうなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る