ゴリ押しせず「残留」も視野…マー君の見上げたプロ根性

公開日: 更新日:

「日本人メジャーリーガーのパイオニア」といわれた野茂英雄(45)は、夢をかなえるために近鉄とケンカをするという道を選んだ。結果的に野茂は近鉄を退団。背水の覚悟で海を渡り、成功を手にした。

 それに比べると、物分かりの良い発言が目立つのが楽天田中将大(25)だ。17日にメジャー挑戦を初めて口にした会見では、
「ポスティングにかけない、残ってくれと言われたら、そこでまた全力を尽くすのがプロです」
 と言った。

 19日はKスタ宮城で「統一球」を使ってキャッチボール。報道陣に「メジャー公認球は使わないのか?」と聞かれると、「移籍がちゃんと決まれば使う」と話した。

 そんな田中の言動にクビをひねるのが、野茂の代理人を務めた団野村氏。
「(田中は)どんな形でも球団の決定に従うでしょう。野茂がメジャーを目指したときのような『何が何でも』という意思はないのではないか」と「週刊朝日」の12月20日号で語っているが、本当にそうなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る