日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君残留で心配な楽天の「イメージ悪化」とファンからのバッシング

 日本一の功労者である田中将大(25)の希望を、楽天がかなえてやらないとなれば、黙っていないのはファンだ。

 田中がこれまで沈黙を貫いてきたのは、「(移籍のための)制度がなかったから」。楽天とすれば、田中が沈黙を守っている間、つまり制度発効後に行われる会見の前までに翻意させるのがリミットだった。それまでに説得できれば、今オフのメジャー挑戦は最初からなかったことになるし、金銭で功労者の夢を断ったというイメージダウンも避けられた。けれども、田中の意思は固く、この日までに説得することはできなかった。

 田中がマイクの前でメジャー挑戦の意思を明らかにした以上、それを二つ返事で容認できなかった楽天の度量の狭さばかりがクローズアップされることになる。

 プロ野球ファンの麻生千晶さん(作家)は、「すでに楽天のイメージは悪くなっています」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事