マエケン「メジャー挑戦」発言で広島球団が見せた“大人の度量”

公開日: 更新日:

 明日にでも入札にかけそうな雰囲気だった。10日、ポスティングシステム(入札制度)によるメジャー挑戦の希望を表明した広島前田健太(25)。契約交渉の席上、「来年はカープのために頑張りますが、野球人生は一回しかない。自分がいい状態のときに行きたい」とエースに直訴されると、球団の鈴木本部長はこう言ったのだ。

「挑戦したい気持ちはよく分かる。行くからには球団、チーム、選手、ファンにとっていいときに挑戦して欲しい」

 一般論として、と前置きこそしたものの、事実上の容認姿勢。来オフにも、前田を入札にかけることが確実になった。

■「去る者は追わず」の気前の良さ

「この日の交渉で、前田は7000万円アップの年俸2億8000万円で契約更改。これは、球団史上最高額です。資金力に限りのある広島にとってはもう、1人の選手に出す年俸の限界値。今季15勝で4年連続2ケタ勝利の前田は、楽天の田中と並ぶ日本のエース。よほどのことがない限り、今後も給料は上がり続ける。広島が前田の入札を容認するのは、そうした背に腹は代えられないという事情もあります。新入札制度は入札金の上限が20億円に設定され、球団にとってはうまみが減ったとはいえ、黙っていても3年後にはFAでメジャーに出て行かれるわけですから、20億円でも御の字が球団の本音です」(地元放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る