• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マエケン「メジャー挑戦」発言で広島球団が見せた“大人の度量”

 明日にでも入札にかけそうな雰囲気だった。10日、ポスティングシステム(入札制度)によるメジャー挑戦の希望を表明した広島の前田健太(25)。契約交渉の席上、「来年はカープのために頑張りますが、野球人生は一回しかない。自分がいい状態のときに行きたい」とエースに直訴されると、球団の鈴木本部長はこう言ったのだ。

「挑戦したい気持ちはよく分かる。行くからには球団、チーム、選手、ファンにとっていいときに挑戦して欲しい」

 一般論として、と前置きこそしたものの、事実上の容認姿勢。来オフにも、前田を入札にかけることが確実になった。

■「去る者は追わず」の気前の良さ

「この日の交渉で、前田は7000万円アップの年俸2億8000万円で契約更改。これは、球団史上最高額です。資金力に限りのある広島にとってはもう、1人の選手に出す年俸の限界値。今季15勝で4年連続2ケタ勝利の前田は、楽天の田中と並ぶ日本のエース。よほどのことがない限り、今後も給料は上がり続ける。広島が前田の入札を容認するのは、そうした背に腹は代えられないという事情もあります。新入札制度は入札金の上限が20億円に設定され、球団にとってはうまみが減ったとはいえ、黙っていても3年後にはFAでメジャーに出て行かれるわけですから、20億円でも御の字が球団の本音です」(地元放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る