マエケン「メジャー挑戦」発言で広島球団が見せた“大人の度量”

公開日:  更新日:

 明日にでも入札にかけそうな雰囲気だった。10日、ポスティングシステム(入札制度)によるメジャー挑戦の希望を表明した広島の前田健太(25)。契約交渉の席上、「来年はカープのために頑張りますが、野球人生は一回しかない。自分がいい状態のときに行きたい」とエースに直訴されると、球団の鈴木本部長はこう言ったのだ。

「挑戦したい気持ちはよく分かる。行くからには球団、チーム、選手、ファンにとっていいときに挑戦して欲しい」

 一般論として、と前置きこそしたものの、事実上の容認姿勢。来オフにも、前田を入札にかけることが確実になった。

■「去る者は追わず」の気前の良さ

「この日の交渉で、前田は7000万円アップの年俸2億8000万円で契約更改。これは、球団史上最高額です。資金力に限りのある広島にとってはもう、1人の選手に出す年俸の限界値。今季15勝で4年連続2ケタ勝利の前田は、楽天の田中と並ぶ日本のエース。よほどのことがない限り、今後も給料は上がり続ける。広島が前田の入札を容認するのは、そうした背に腹は代えられないという事情もあります。新入札制度は入札金の上限が20億円に設定され、球団にとってはうまみが減ったとはいえ、黙っていても3年後にはFAでメジャーに出て行かれるわけですから、20億円でも御の字が球団の本音です」(地元放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る