「球団に多くの金銭が入ればベスト」マエケン発言に喝采の声

公開日:  更新日:

「球団に(ポスティングシステムでの移籍を)容認してもらえればありがたい。個人的には(自分の入札で)球団にできるだけ多くの金銭が入ればベストだと思うんですけど」
 広島・前田健太(25)が、こんなコメントを発しているため、ナインや球団関係者、地元企業から喝采を浴びているという。

 広島の球団経営は独立採算性だ。他の多くの球団のように、親会社から広告宣伝費という名目で年間数十億円の支援があるわけではない。選手の年俸だけでなく、フロント幹部、球団スタッフの給料や経費まで徹底的に切り詰めるのは有名な話だ。前田はそんな球団経営を目の当たりにしている。そのうえでの冒頭発言だから、ナイン、球団関係者は一丸になって、「俺たちを助ける意味でもメジャーへ行ってくれ」とエースを送り出す構え。球団トップの松田オーナーですら「マエケン発言」には感激したともいわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る