• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「球団に多くの金銭が入ればベスト」マエケン発言に喝采の声

「球団に(ポスティングシステムでの移籍を)容認してもらえればありがたい。個人的には(自分の入札で)球団にできるだけ多くの金銭が入ればベストだと思うんですけど」
 広島・前田健太(25)が、こんなコメントを発しているため、ナインや球団関係者、地元企業から喝采を浴びているという。

 広島の球団経営は独立採算性だ。他の多くの球団のように、親会社から広告宣伝費という名目で年間数十億円の支援があるわけではない。選手の年俸だけでなく、フロント幹部、球団スタッフの給料や経費まで徹底的に切り詰めるのは有名な話だ。前田はそんな球団経営を目の当たりにしている。そのうえでの冒頭発言だから、ナイン、球団関係者は一丸になって、「俺たちを助ける意味でもメジャーへ行ってくれ」とエースを送り出す構え。球団トップの松田オーナーですら「マエケン発言」には感激したともいわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る