• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「球団に多くの金銭が入ればベスト」マエケン発言に喝采の声

「球団に(ポスティングシステムでの移籍を)容認してもらえればありがたい。個人的には(自分の入札で)球団にできるだけ多くの金銭が入ればベストだと思うんですけど」
 広島・前田健太(25)が、こんなコメントを発しているため、ナインや球団関係者、地元企業から喝采を浴びているという。

 広島の球団経営は独立採算性だ。他の多くの球団のように、親会社から広告宣伝費という名目で年間数十億円の支援があるわけではない。選手の年俸だけでなく、フロント幹部、球団スタッフの給料や経費まで徹底的に切り詰めるのは有名な話だ。前田はそんな球団経営を目の当たりにしている。そのうえでの冒頭発言だから、ナイン、球団関係者は一丸になって、「俺たちを助ける意味でもメジャーへ行ってくれ」とエースを送り出す構え。球団トップの松田オーナーですら「マエケン発言」には感激したともいわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る