ソチ「金」最有力 体幹鍛え鳥になった女子ジャンプ高梨沙羅

公開日:  更新日:

 強い――。スキー女子ジャンプの高梨沙羅(17)が、ドイツで行われた22日のW杯3戦目も制して、これで3戦3勝。無敗のまま年内の日程を終えた。米国のサラ・ヘンドリクソン(19)が持つ女子歴代最多記録にあと1勝と迫るW杯通算12勝。サマージャンプを含めた公式戦の連勝記録も「11」に伸ばした。今季W杯3戦での6回のジャンプはすべて1位の得点。「ソチ五輪金メダル最有力候補」と世界の注目を集める高梨の圧倒的な強さの一因は、「体幹」にある。

 昨年3月から、フィギュアの浅田真央やフェンシングの太田雄貴らも信奉するフィジカルトレーナーと個人契約。徹底的に鍛えたのが、頭と手足を除いた胴体部分、つまり腹筋や背筋といった「体幹」だった。

 サッカーの長友佑都が取り組んでいることで一般的にも大ブームとなっている「体幹トレーニング」の中でも、筋トレなどで鍛えられる表層の筋肉ではなく、深層部にあるインナーマッスルを重要視。メタボ対策にいそしむ世のオジサンよろしく、バランスボールやカマボコ形のバランスポールに乗って、地道にその強化に努めてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る