日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソチ「金」最有力 体幹鍛え鳥になった女子ジャンプ高梨沙羅

 強い――。スキー女子ジャンプの高梨沙羅(17)が、ドイツで行われた22日のW杯3戦目も制して、これで3戦3勝。無敗のまま年内の日程を終えた。米国のサラ・ヘンドリクソン(19)が持つ女子歴代最多記録にあと1勝と迫るW杯通算12勝。サマージャンプを含めた公式戦の連勝記録も「11」に伸ばした。今季W杯3戦での6回のジャンプはすべて1位の得点。「ソチ五輪金メダル最有力候補」と世界の注目を集める高梨の圧倒的な強さの一因は、「体幹」にある。

 昨年3月から、フィギュアの浅田真央やフェンシングの太田雄貴らも信奉するフィジカルトレーナーと個人契約。徹底的に鍛えたのが、頭と手足を除いた胴体部分、つまり腹筋や背筋といった「体幹」だった。

 サッカーの長友佑都が取り組んでいることで一般的にも大ブームとなっている「体幹トレーニング」の中でも、筋トレなどで鍛えられる表層の筋肉ではなく、深層部にあるインナーマッスルを重要視。メタボ対策にいそしむ世のオジサンよろしく、バランスボールやカマボコ形のバランスポールに乗って、地道にその強化に努めてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事