ジャンプ女王 高梨沙羅を待つ「レズ攻勢」と「秘密兵器」

公開日: 更新日:

「沙羅ちゃんを守れ」
 今、日本のジャンプ関係者から密かにこんな声が聞かれるという。
 沙羅ちゃんとはスキー女子ジャンプの高梨沙羅(17)のこと。昨季の女子ジャンプW杯で総合優勝。今季も先日のノルウェー・リレハンメルのW杯ジャンプ個人第1戦で優勝。日本のエースでソチ五輪の金メダル最右翼だ。

 そんな高梨を倒さんと欧州各国は躍起になっているのだが、中でも関係者が心配しているのが、欧州女子ジャンプ選手のレズ攻勢だという。
「女子スポーツ選手のレズビアンといえばサッカーがよく知られているが、実は最近、冬季競技の選手も増えている。ジャンプも例外ではなく、実際、ヨーロッパのトップ選手がレズだと現地紙に報じられたこともある。同じ顔ぶれでシーズンをずーっと移動するので、そうなる傾向があるようです」

 とは現地記者で、今はアメリカの某有望選手が人気で標的になっているそうだ。高梨は17歳。強くてしかも東洋的な顔立ち。ヨーロッパの選手から見ればエキゾチックに映るのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る