ソチ金メダル候補・高梨沙羅 W杯不安材料は「サラ」不在

公開日: 更新日:

「順位が良ければ自信になるので、表彰台を目指したい」――。
 ノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(17)がシーズン開幕を前に飛躍を誓った。

 25日、W杯序盤戦出場と事前合宿のため、日本ジャンプ陣とともに渡欧。12月6日からの今季開幕戦(ノルウェー・リレハンメル)に向けて、「しっかりと練習してきた。毎年、この時期は腰が張ったりするけど、今年は(体の)不調がまったくない。万全です」と好調をアピールした。

 今季のW杯に出場する5人の選手はそれぞれ、ソチ五輪代表入りはもちろん、最多で4つの出場枠(W杯の合計ポイントで決定)を得るため、気の抜けない大会が続く。ソチから正式採用される女子ジャンプの初代金メダル候補である高梨も例外ではなく、総合優勝を果たした昨季のような活躍が求められる。高梨は「試合に向けて集中できているので、今まで以上に期待に応えたい」と自信を見せたものの、ライバル不在が唯一の不安材料か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  10. 10

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

もっと見る