ソチ金メダル候補・高梨沙羅 W杯不安材料は「サラ」不在

公開日: 更新日:

「順位が良ければ自信になるので、表彰台を目指したい」――。
 ノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(17)がシーズン開幕を前に飛躍を誓った。

 25日、W杯序盤戦出場と事前合宿のため、日本ジャンプ陣とともに渡欧。12月6日からの今季開幕戦(ノルウェー・リレハンメル)に向けて、「しっかりと練習してきた。毎年、この時期は腰が張ったりするけど、今年は(体の)不調がまったくない。万全です」と好調をアピールした。

 今季のW杯に出場する5人の選手はそれぞれ、ソチ五輪代表入りはもちろん、最多で4つの出場枠(W杯の合計ポイントで決定)を得るため、気の抜けない大会が続く。ソチから正式採用される女子ジャンプの初代金メダル候補である高梨も例外ではなく、総合優勝を果たした昨季のような活躍が求められる。高梨は「試合に向けて集中できているので、今まで以上に期待に応えたい」と自信を見せたものの、ライバル不在が唯一の不安材料か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る