巨人ナインがうらやむ FA補償で西武入り脇谷の“幸運”

公開日: 更新日:

 巨人がFAで獲得した片岡の人的補償で、西武への移籍が決まった脇谷亮太(32)。
 8年在籍した古巣を離れることになり、「大変寂しいですが、一生懸命頑張ってお世話になった方々やファンの皆さまに恩返ししたい」と話したが、腹の中では万々歳だろう。

 05年の大学・社会人ドラフト5巡目でNTT西日本から入団。“十把一絡げ”の立場から這い上がり、何度となく二塁のレギュラーをつかみかけた。勝負強い打撃に機動力もあり、「他球団なら即レギュラー」といわれたものである。

 評論家の山崎裕之氏が言う。
「送りバントなどの小技に課題があり、守備でのポカも少なくなかった。高い能力がありながらレギュラーに定着できなかったのは、もちろんそうした本人の力不足もある。が、それが巨人選手の宿命とはいえ、毎年のように補強があり、特に二塁には入れ代わり立ち代わり助っ人外国人や他球団から選手がやってきて、チャンスを奪われるという酷な面もありましたからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る