• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人ナインがうらやむ FA補償で西武入り脇谷の“幸運”

 巨人がFAで獲得した片岡の人的補償で、西武への移籍が決まった脇谷亮太(32)。
 8年在籍した古巣を離れることになり、「大変寂しいですが、一生懸命頑張ってお世話になった方々やファンの皆さまに恩返ししたい」と話したが、腹の中では万々歳だろう。

 05年の大学・社会人ドラフト5巡目でNTT西日本から入団。“十把一絡げ”の立場から這い上がり、何度となく二塁のレギュラーをつかみかけた。勝負強い打撃に機動力もあり、「他球団なら即レギュラー」といわれたものである。

 評論家の山崎裕之氏が言う。
「送りバントなどの小技に課題があり、守備でのポカも少なくなかった。高い能力がありながらレギュラーに定着できなかったのは、もちろんそうした本人の力不足もある。が、それが巨人選手の宿命とはいえ、毎年のように補強があり、特に二塁には入れ代わり立ち代わり助っ人外国人や他球団から選手がやってきて、チャンスを奪われるという酷な面もありましたからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る