巨人ナインがうらやむ FA補償で西武入り脇谷の“幸運”

公開日: 更新日:

 巨人がFAで獲得した片岡の人的補償で、西武への移籍が決まった脇谷亮太(32)。
 8年在籍した古巣を離れることになり、「大変寂しいですが、一生懸命頑張ってお世話になった方々やファンの皆さまに恩返ししたい」と話したが、腹の中では万々歳だろう。

 05年の大学・社会人ドラフト5巡目でNTT西日本から入団。“十把一絡げ”の立場から這い上がり、何度となく二塁のレギュラーをつかみかけた。勝負強い打撃に機動力もあり、「他球団なら即レギュラー」といわれたものである。

 評論家の山崎裕之氏が言う。
「送りバントなどの小技に課題があり、守備でのポカも少なくなかった。高い能力がありながらレギュラーに定着できなかったのは、もちろんそうした本人の力不足もある。が、それが巨人選手の宿命とはいえ、毎年のように補強があり、特に二塁には入れ代わり立ち代わり助っ人外国人や他球団から選手がやってきて、チャンスを奪われるという酷な面もありましたからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

  10. 10

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

もっと見る