FA交渉で片岡が “レギュラー確約”ポロリ 巨人ナインの心境は?

公開日:  更新日:

 西武からFA宣言した片岡治大(30)が27日、都内のホテルで初交渉を行った。2年総額3億円以上の条件と原監督の現役時代の背番号8を提示され、「実績を高く評価してもらった」と印象は良かったようだ。

 といっても、最初から入団確実とみられている。緊張した面持ちで会見に臨んだ片岡は、「『セカンドを空けて待っている』と言っていただいた」とポロリ。分かっちゃいるけど、やっぱりね――。報道陣がヒソヒソ話をする中、原沢球団代表が「『空けて待っている』というのは『正セカンドとして期待している』ということ」と慌てて否定する一幕もあった。

 そりゃそうだ。原監督は常々、「実力至上主義」を繰り返している。先日、広島の大竹寛(30)がFAで巨人入りを決めた際にも同様のことを言っていた。「先発ローテを空けている」と口説いたかはともかく、表向きはいつも「競争」となっているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る