「誰か練習付き合って…」 巨人入り片岡に“友達”がいない理由

公開日: 更新日:

 西武から巨人へFA移籍した片岡治大(30)が、自主トレに困っているという。2月のキャンプインまでは誰とどこでやろうが原則自由。とはいえ、移籍組は意外と大変だ。いつまでも旧チームメートとつるんでいては新天地に馴染めない。そうは分かっていながら、いきなりひとりで右も左も分からないジャイアンツ球場に行くのも気が引ける。

 昨オフ、トレードで巨人からオリックスへ移籍した東野は例年通り、先輩の内海からグアム自主トレに誘われたものの断った。「オリックスの選手になったんだし、いつまでも巨人の先輩に頼っていてはダメだと思った。何かを変えないといけない。ひとりでやることにした」とオリックスの施設で行ったが、これは珍しい例だ。

 07年に鳴り物入りでFA入団した小笠原は、年明けに日本ハム時代の後輩・古城と実松を伴ってジャイアンツ球場に登場した。彼らには「悪いけど練習付き合ってくれない?」と電話で打診したようだ。大物からの電話では断れない。2人は二つ返事で馳せ参じ、施設の説明から関係者の紹介に骨を折った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る