「誰か練習付き合って…」 巨人入り片岡に“友達”がいない理由

公開日:  更新日:

 西武から巨人へFA移籍した片岡治大(30)が、自主トレに困っているという。2月のキャンプインまでは誰とどこでやろうが原則自由。とはいえ、移籍組は意外と大変だ。いつまでも旧チームメートとつるんでいては新天地に馴染めない。そうは分かっていながら、いきなりひとりで右も左も分からないジャイアンツ球場に行くのも気が引ける。

 昨オフ、トレードで巨人からオリックスへ移籍した東野は例年通り、先輩の内海からグアム自主トレに誘われたものの断った。「オリックスの選手になったんだし、いつまでも巨人の先輩に頼っていてはダメだと思った。何かを変えないといけない。ひとりでやることにした」とオリックスの施設で行ったが、これは珍しい例だ。

 07年に鳴り物入りでFA入団した小笠原は、年明けに日本ハム時代の後輩・古城と実松を伴ってジャイアンツ球場に登場した。彼らには「悪いけど練習付き合ってくれない?」と電話で打診したようだ。大物からの電話では断れない。2人は二つ返事で馳せ参じ、施設の説明から関係者の紹介に骨を折った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る