• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人が渡米前の臨時コーチ松井に「総合アドバイザー」要請プラン

 巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(77)が11日、宮崎キャンプを訪問。松井秀喜臨時コーチ(39)がヤンキースに移籍する前年の02年以来、12年ぶりに宮崎での「師弟ツーショット」が実現するとあって、球場周辺は報道陣とファンでちょっとしたパニック状態になった。

 この日の来場者数は過去最多となる4万2000人。警備関係者も、「こんなに人でごった返したのは、イチローフィーバーだった09年WBC合宿の時くらいです」とテンヤワンヤする中、その松井と今季初実戦となる紅白戦をネット裏のブースで観戦した長嶋名誉監督は、終始ご機嫌で帰り際にはこう言った。

「松井に先頭に立つ指導者になって欲しい? そういう方向にいくようにね。思いは強くなった? なるね~」

■入閣を見据えてつながりをキープしたい


 改めて正式な現場復帰を熱望したのだが、それは球団も一緒である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る