達観? ゴジラ松井フィーバーに平然の原監督に周囲も感心

公開日: 更新日:

 白石興二郎オーナー(67)が7日、宮崎春季キャンプを視察した。練習前に全員を集め、「原監督から『このキャンプは実力至上主義の厳しい競争になる』と聞いている。チーム一丸となってリーグ制覇、そして日本一に向けて頑張って欲しい」と訓示。臨時コーチを務める松井秀喜(39)や、同じ日に巨人を訪問した新任の熊崎勝彦コミッショナー(72)と何やら話し込む場面も見られた。

 その白石オーナーは先月、松井に関して「ゆくゆくは監督として率いてくれることを切望している。その気持ちに変化はない」と話している。球団幹部は松井監督待望論を隠していない。「オーナーからは改めて早期の現場復帰の要請、コミッショナーからは侍ジャパンの入閣打診だろう」とマスコミは色めき立った。

 実際、熊崎コミッショナーは「最高のチームで臨むには、松井さんとか若手のリーダーにスタッフになってもらって協力してもらいたい」と侍ジャパンで臨む今秋の日米野球に向けて、協力を要請したことを明かした。松井は「(侍ジャパンに)協力して欲しいとは言われたけど何ができるか分からない」と困惑気味。白石オーナーとの会話については「雑談です」とケムに巻いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る