• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

達観? ゴジラ松井フィーバーに平然の原監督に周囲も感心

 白石興二郎オーナー(67)が7日、宮崎春季キャンプを視察した。練習前に全員を集め、「原監督から『このキャンプは実力至上主義の厳しい競争になる』と聞いている。チーム一丸となってリーグ制覇、そして日本一に向けて頑張って欲しい」と訓示。臨時コーチを務める松井秀喜(39)や、同じ日に巨人を訪問した新任の熊崎勝彦コミッショナー(72)と何やら話し込む場面も見られた。

 その白石オーナーは先月、松井に関して「ゆくゆくは監督として率いてくれることを切望している。その気持ちに変化はない」と話している。球団幹部は松井監督待望論を隠していない。「オーナーからは改めて早期の現場復帰の要請、コミッショナーからは侍ジャパンの入閣打診だろう」とマスコミは色めき立った。

 実際、熊崎コミッショナーは「最高のチームで臨むには、松井さんとか若手のリーダーにスタッフになってもらって協力してもらいたい」と侍ジャパンで臨む今秋の日米野球に向けて、協力を要請したことを明かした。松井は「(侍ジャパンに)協力して欲しいとは言われたけど何ができるか分からない」と困惑気味。白石オーナーとの会話については「雑談です」とケムに巻いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る