ゴジラ松井“入閣”演出 追い込まれた侍ジャパンの台所事情

公開日: 更新日:

侍ジャパンの入閣打診か!?」

 スポーツマスコミが色めき立った。
 6日、野球日本代表の小久保裕紀監督(42)が巨人キャンプを視察。臨時コーチを務める松井秀喜(39)と挨拶を交わすや、一斉にカメラマンがシャッターを切った。

「入閣? いやいや、(そういう話は)全然(ない)。2人で写っている昔の写真を大事に取っておいている、とかそういう話」

 とは松井。一方の小久保監督は、「相変わらずナイスガイ」とゴジラを持ち上げ、こう続けた。
「入閣? 声を掛けたらノーとは言えない人。(年は3つ下だが)ジャイアンツでいえば大先輩。<何かあったら力を貸してもらいたい。ご協力お願いします>とは言っときましたけど」

 リップサービスもあるだろうが、あながちそうとも言えない事情が侍ジャパンにはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

もっと見る