日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴジラ松井“入閣”演出 追い込まれた侍ジャパンの台所事情

「侍ジャパンの入閣打診か!?」

 スポーツマスコミが色めき立った。
 6日、野球日本代表の小久保裕紀監督(42)が巨人キャンプを視察。臨時コーチを務める松井秀喜(39)と挨拶を交わすや、一斉にカメラマンがシャッターを切った。

「入閣? いやいや、(そういう話は)全然(ない)。2人で写っている昔の写真を大事に取っておいている、とかそういう話」

 とは松井。一方の小久保監督は、「相変わらずナイスガイ」とゴジラを持ち上げ、こう続けた。
「入閣? 声を掛けたらノーとは言えない人。(年は3つ下だが)ジャイアンツでいえば大先輩。<何かあったら力を貸してもらいたい。ご協力お願いします>とは言っときましたけど」

 リップサービスもあるだろうが、あながちそうとも言えない事情が侍ジャパンにはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事