ゴジラ見たさに渋滞も 加速しそうな巨人「松井監督」待望論

公開日: 更新日:

 最高のファンサービスになった。

 9日の巨人キャンプ。ランチの時間を利用して臨時コーチの松井秀喜(39)が、フリー打撃を行った。22スイングして柵越え5本。4スイング目に右翼席に初の一発をぶち込み、「照れ隠しでやった」と言うガッツポーズも見せると、見守った首脳陣、ナイン、そして3万7000人のファンからは、ヤンヤの歓声が上がった。

「音が凄い。これだけブランクがある中で、あれだけ打てるのはさすが」
 とは、打撃投手を務めた阿部。坂本が「別次元過ぎて、一ファンとして見ちゃった」と口をアングリさせれば、鈴木も「DHならまだ30発、40発は打てるんじゃない?」と目を白黒させていた。

「(ベンチに)戻ってきた時に『契約、契約』と言っていた。支配下枠はまだ空いてるしね」とは、視察に来ている桃井球団社長。

 現役復帰を示唆する悪ノリだったが、この日はゴジラ見たさにサンマリンスタジアムへとつながる国道は朝から大渋滞。改めて注目度の高さ、存在感の大きさを見せつけ、松井監督待望論がいよいよ加速するのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  4. 4

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  7. 7

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る