ゴジラ見たさに渋滞も 加速しそうな巨人「松井監督」待望論

公開日:  更新日:

 最高のファンサービスになった。

 9日の巨人キャンプ。ランチの時間を利用して臨時コーチの松井秀喜(39)が、フリー打撃を行った。22スイングして柵越え5本。4スイング目に右翼席に初の一発をぶち込み、「照れ隠しでやった」と言うガッツポーズも見せると、見守った首脳陣、ナイン、そして3万7000人のファンからは、ヤンヤの歓声が上がった。

「音が凄い。これだけブランクがある中で、あれだけ打てるのはさすが」
 とは、打撃投手を務めた阿部。坂本が「別次元過ぎて、一ファンとして見ちゃった」と口をアングリさせれば、鈴木も「DHならまだ30発、40発は打てるんじゃない?」と目を白黒させていた。

「(ベンチに)戻ってきた時に『契約、契約』と言っていた。支配下枠はまだ空いてるしね」とは、視察に来ている桃井球団社長。

 現役復帰を示唆する悪ノリだったが、この日はゴジラ見たさにサンマリンスタジアムへとつながる国道は朝から大渋滞。改めて注目度の高さ、存在感の大きさを見せつけ、松井監督待望論がいよいよ加速するのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る