• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴジラ見たさに渋滞も 加速しそうな巨人「松井監督」待望論

 最高のファンサービスになった。

 9日の巨人キャンプ。ランチの時間を利用して臨時コーチの松井秀喜(39)が、フリー打撃を行った。22スイングして柵越え5本。4スイング目に右翼席に初の一発をぶち込み、「照れ隠しでやった」と言うガッツポーズも見せると、見守った首脳陣、ナイン、そして3万7000人のファンからは、ヤンヤの歓声が上がった。

「音が凄い。これだけブランクがある中で、あれだけ打てるのはさすが」
 とは、打撃投手を務めた阿部。坂本が「別次元過ぎて、一ファンとして見ちゃった」と口をアングリさせれば、鈴木も「DHならまだ30発、40発は打てるんじゃない?」と目を白黒させていた。

「(ベンチに)戻ってきた時に『契約、契約』と言っていた。支配下枠はまだ空いてるしね」とは、視察に来ている桃井球団社長。

 現役復帰を示唆する悪ノリだったが、この日はゴジラ見たさにサンマリンスタジアムへとつながる国道は朝から大渋滞。改めて注目度の高さ、存在感の大きさを見せつけ、松井監督待望論がいよいよ加速するのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る