指導も精神論もなし ひたすら見守る巨人・松井の“真意”

公開日: 更新日:

 ゴジラがなかなか指導しない。というか、少なくとも技術を伝えているようには見えない。巨人の宮崎キャンプで臨時コーチを務めている松井秀喜(39)が初日に続き、この日(2日)も一、二軍の練習を見ただけ。バットを振ってみせたり、手取り足取り……といった光景は最後まで見られなかった。

 午前中にメーンスタジアムで一軍のウオーミングアップを見た後、2日連続で二軍が練習を行う球場に移動。大田泰示(23)らのフリー打撃を注視した。その後、大田を伴ってベンチ裏へ消えたため、「奥で秘密特訓やってるぞ!」と報道陣が色めき立つ一幕も。それでも練習後の松井が、「まだ彼のことをつかみ切れていない。お互いにイメージが合わないうちに言ってもねえ」と話したくらいだから、おそらく大したことはやっていないだろう。そして「そっとしておいてよ! 皆さん騒ぎ過ぎ! (大田が)成長するのが目的なんだからさ」と過熱気味の報道陣に釘を刺す場面もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る