指導も精神論もなし ひたすら見守る巨人・松井の“真意”

公開日:  更新日:

 ゴジラがなかなか指導しない。というか、少なくとも技術を伝えているようには見えない。巨人の宮崎キャンプで臨時コーチを務めている松井秀喜(39)が初日に続き、この日(2日)も一、二軍の練習を見ただけ。バットを振ってみせたり、手取り足取り……といった光景は最後まで見られなかった。

 午前中にメーンスタジアムで一軍のウオーミングアップを見た後、2日連続で二軍が練習を行う球場に移動。大田泰示(23)らのフリー打撃を注視した。その後、大田を伴ってベンチ裏へ消えたため、「奥で秘密特訓やってるぞ!」と報道陣が色めき立つ一幕も。それでも練習後の松井が、「まだ彼のことをつかみ切れていない。お互いにイメージが合わないうちに言ってもねえ」と話したくらいだから、おそらく大したことはやっていないだろう。そして「そっとしておいてよ! 皆さん騒ぎ過ぎ! (大田が)成長するのが目的なんだからさ」と過熱気味の報道陣に釘を刺す場面もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る