指導も精神論もなし ひたすら見守る巨人・松井の“真意”

公開日: 更新日:

 ゴジラがなかなか指導しない。というか、少なくとも技術を伝えているようには見えない。巨人の宮崎キャンプで臨時コーチを務めている松井秀喜(39)が初日に続き、この日(2日)も一、二軍の練習を見ただけ。バットを振ってみせたり、手取り足取り……といった光景は最後まで見られなかった。

 午前中にメーンスタジアムで一軍のウオーミングアップを見た後、2日連続で二軍が練習を行う球場に移動。大田泰示(23)らのフリー打撃を注視した。その後、大田を伴ってベンチ裏へ消えたため、「奥で秘密特訓やってるぞ!」と報道陣が色めき立つ一幕も。それでも練習後の松井が、「まだ彼のことをつかみ切れていない。お互いにイメージが合わないうちに言ってもねえ」と話したくらいだから、おそらく大したことはやっていないだろう。そして「そっとしておいてよ! 皆さん騒ぎ過ぎ! (大田が)成長するのが目的なんだからさ」と過熱気味の報道陣に釘を刺す場面もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  3. 3

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  4. 4

    ハワイ新婚旅行で事務所から自粛要請 約束破れば全体責任

  5. 5

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  8. 8

    命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    NHKドラマで復活 東出昌大が復帰に動き出せた3つの理由

もっと見る