巨人・松井臨時コーチが見初めた 19歳“無名選手”の正体

公開日:  更新日:

 5年間、同じ釜の飯を食った1歳下の高橋由伸ですら、松井秀喜臨時コーチ(39)には遠慮がある。3日の全体練習終了後、居残り特打の打撃投手役を買って出た松井に131球を投げてもらうと、「まさかこういう日が来るとは……」と感激の面持ちだった。

 弟分の高橋由をしてこうだから、ほとんどの選手にとって松井は、「雲の上の人」であり「テレビの中の人」。いくらゴジラが、何でも聞きに来て、と胸襟を開いたところで、ナインは「オーラがありますね」「すごい迫力っす」と遠巻きにするのがやっと、というのが現状である。

 3日、そんな微妙な雰囲気をぶち破る選手が現れた。
 午前中に一軍の練習場で初ノックを行った松井が、二軍の練習に足を向けた午後のこと。フリー打撃を終えたばかりの高卒2年目・辻東倫(はるとも)(19)が、つかつかとバットを持ったままケージ裏の松井へ近寄るや、「教えてください」と直談判したのである。細かなやりとりについては2人とも口をつぐんだが、「ああやって何でも聞いてくれるのはいい。どういうことを気にしているか分かるんで」と松井。妙にうれしそうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る