日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷は「投手優先」か否か 栗山監督と球団に温度差

 栗山監督が恨めしそうに天を仰いだ。
 11日に行うはずだった阪神との練習試合が、天候不良のため中止に。急きょ、翌12日に紅白戦を組んだものの、これも朝から降り続く雨のために取りやめ。2日続けて実戦が流れてしまった。

 これに肩を落としているのが、2年目の大谷翔平(19)を野手でスタメン起用する予定だった栗山監督だ。大谷が8日の紅白戦で投げた後、こう話していた。

「先発ローテーション投手として投げながら、その中でも野手として出場できるかを探っている。投げた3、4日後とかね。11日の阪神戦は3日後でしょ? ちょうどいい機会になるんじゃないか」

 この時は大谷のDH起用を示唆しながら、それも雨でパー。「明日(13日)からは投手中心の練習になると思います」とはこの日の大谷の弁だ。

 ある日本ハムOBは「監督と球団の間で温度差がある」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事