今季ダメならテレビ入り? 日ハム斎藤「復活」と「再就職」

公開日:  更新日:

 日本ハム・斎藤佑樹(25)が「復活」を宣言した。

 13日、早大で同期だった大石(西武)、福井(広島)らと横浜市内のグラウンドで自主トレを公開。年始からブルペン入りするなど、順調な調整を続けているとあって、この日はいつも以上に強気な発言を連発。「去年、悔しいシーズンを送って年末年始はどこに行っても<今年は頼むぞ>と耳にタコができるぐらい言われた。決意は今まで以上。(周囲を)見返すつもり」と今季にかける思いを語った。

 早実時代に甲子園を沸かせた「ハンカチ王子」も、プロ4年目を迎える。甲子園で投げ合った田中将大(25)は今季からメジャー移籍する。奮起するのも当然だろうが、ある関係者は「彼はすでに腹を固めている」と言う。

 斎藤は12年末に右肩を痛めた際、球団側からすすめられた手術を回避。肩に負担がかからない投球フォームを模索しながら復帰を目指してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る