今季ダメならテレビ入り? 日ハム斎藤「復活」と「再就職」

公開日:  更新日:

 日本ハム・斎藤佑樹(25)が「復活」を宣言した。

 13日、早大で同期だった大石(西武)、福井(広島)らと横浜市内のグラウンドで自主トレを公開。年始からブルペン入りするなど、順調な調整を続けているとあって、この日はいつも以上に強気な発言を連発。「去年、悔しいシーズンを送って年末年始はどこに行っても<今年は頼むぞ>と耳にタコができるぐらい言われた。決意は今まで以上。(周囲を)見返すつもり」と今季にかける思いを語った。

 早実時代に甲子園を沸かせた「ハンカチ王子」も、プロ4年目を迎える。甲子園で投げ合った田中将大(25)は今季からメジャー移籍する。奮起するのも当然だろうが、ある関係者は「彼はすでに腹を固めている」と言う。

 斎藤は12年末に右肩を痛めた際、球団側からすすめられた手術を回避。肩に負担がかからない投球フォームを模索しながら復帰を目指してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る