今季ダメならテレビ入り? 日ハム斎藤「復活」と「再就職」

公開日: 更新日:

 日本ハム斎藤佑樹(25)が「復活」を宣言した。

 13日、早大で同期だった大石(西武)、福井(広島)らと横浜市内のグラウンドで自主トレを公開。年始からブルペン入りするなど、順調な調整を続けているとあって、この日はいつも以上に強気な発言を連発。「去年、悔しいシーズンを送って年末年始はどこに行っても<今年は頼むぞ>と耳にタコができるぐらい言われた。決意は今まで以上。(周囲を)見返すつもり」と今季にかける思いを語った。

 早実時代に甲子園を沸かせた「ハンカチ王子」も、プロ4年目を迎える。甲子園で投げ合った田中将大(25)は今季からメジャー移籍する。奮起するのも当然だろうが、ある関係者は「彼はすでに腹を固めている」と言う。

 斎藤は12年末に右肩を痛めた際、球団側からすすめられた手術を回避。肩に負担がかからない投球フォームを模索しながら復帰を目指してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る