カーリング女子「インフル禍」拡大で懸念される他国からの“圧力”

公開日: 更新日:

「小野寺の分も4人のメンバーで戦おうと話をした」

 チームを引っ張るスキップ小笠原歩(35)が、こう振り返った。

 初戦、第2戦を迎えた日本にアクシデントが発生した。セカンド小野寺佳歩(22)がインフルエンザで欠場、急きょ控えの吉田知那美(22)を起用して臨んだ韓国戦は黒星スタート。同じ日に行われた世界ランク6位のデンマーク戦は、第8エンド終了時に相手がギブアップ。大会初勝利を挙げると、12日のロシア戦にも勝利、チームは調子を上げている。

 だが不安も残る。

 インフルエンザの潜伏期間は1~4日間といわれる。小野寺の感染が判明したのは試合前夜。現在は選手村を離れて治療を受けている。メンバーは5日に日本を出発してからずっと一緒に行動してきた。さらに小野寺と吉田、苫米地智子(34)は同部屋で過ごしており、感染している可能性が大アリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る