• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1カ月試合なし…カーリング女子代表は深刻な実戦不足

 周囲から聞こえてくるのは不安ばかりだ。女子カーリング日本代表が4日午前、成田空港からソチに向けて出発。主将の小笠原歩(35)らメンバー5人は予選となる10カ国によるリーグ戦突破(上位4カ国)を目指し、まずは11日の韓国との初戦に備えて現地で調整する。

 昨年12月の世界最終予選(ドイツ)を勝ち抜いた勢いそのままに本番を迎えるが、不安は尽きない。ここ1カ月間、実戦から遠ざかっているからだ。

 1月は欧州の強豪との練習試合を予定しながら、対戦相手が見つからず、スコットランドでの約2週間は合宿で終わった。

 1月中旬に行われた世界最高峰の大会といわれるコンチネンタルカップ(米国・マイアミ)への参戦も検討されたが、中部電力の派遣が早々と決まり、主催者からは代替出場を認められなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る