1カ月試合なし…カーリング女子代表は深刻な実戦不足

公開日:  更新日:

 周囲から聞こえてくるのは不安ばかりだ。女子カーリング日本代表が4日午前、成田空港からソチに向けて出発。主将の小笠原歩(35)らメンバー5人は予選となる10カ国によるリーグ戦突破(上位4カ国)を目指し、まずは11日の韓国との初戦に備えて現地で調整する。

 昨年12月の世界最終予選(ドイツ)を勝ち抜いた勢いそのままに本番を迎えるが、不安は尽きない。ここ1カ月間、実戦から遠ざかっているからだ。

 1月は欧州の強豪との練習試合を予定しながら、対戦相手が見つからず、スコットランドでの約2週間は合宿で終わった。

 1月中旬に行われた世界最高峰の大会といわれるコンチネンタルカップ(米国・マイアミ)への参戦も検討されたが、中部電力の派遣が早々と決まり、主催者からは代替出場を認められなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る