貫禄のコストナー 表現力アップの秘訣は「マイペース調整」

公開日: 更新日:

 世界ランク1位、ベテランのカロリーナ・コストナー(27=イタリア)が、自身最後となる五輪で最高の演技を見せた。

 ここに来て調子を上げてきた12年世界選手権覇者は、その長い手足を生かし、大人の女性らしい表現力で観客を魅了。SP自己ベストは、先日の団体4位で出した70.84点。それを更新する74.12点を叩き出し、トップのキム・ヨナとはわずか0.8点差の3位につけた。

 169センチと長身だが、細やかなステップには定評があり、高さのあるダイナミックなジャンプが持ち味。課題は、ジャンプで安定感を欠くことだった。

「五輪は3度目で、これが最後。人気振付師のローリー・ニコルと組んで、メダル取りに燃えている。ただ、これで試合には出ないとか、引退するというわけではないようです。しばらくゆっくり休養してから、滑りたくなったら滑るという、ニュートラルな状態です。友達も多く、スケートにドップリというタイプではないことが、豊かな表現力につながっているのでしょう」(フィギュア関係者)

 五輪での有終の美を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る