貫禄のコストナー 表現力アップの秘訣は「マイペース調整」

公開日: 更新日:

 世界ランク1位、ベテランのカロリーナ・コストナー(27=イタリア)が、自身最後となる五輪で最高の演技を見せた。

 ここに来て調子を上げてきた12年世界選手権覇者は、その長い手足を生かし、大人の女性らしい表現力で観客を魅了。SP自己ベストは、先日の団体4位で出した70.84点。それを更新する74.12点を叩き出し、トップのキム・ヨナとはわずか0.8点差の3位につけた。

 169センチと長身だが、細やかなステップには定評があり、高さのあるダイナミックなジャンプが持ち味。課題は、ジャンプで安定感を欠くことだった。

「五輪は3度目で、これが最後。人気振付師のローリー・ニコルと組んで、メダル取りに燃えている。ただ、これで試合には出ないとか、引退するというわけではないようです。しばらくゆっくり休養してから、滑りたくなったら滑るという、ニュートラルな状態です。友達も多く、スケートにドップリというタイプではないことが、豊かな表現力につながっているのでしょう」(フィギュア関係者)

 五輪での有終の美を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  3. 3

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  4. 4

    ハワイ新婚旅行で事務所から自粛要請 約束破れば全体責任

  5. 5

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  8. 8

    命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    NHKドラマで復活 東出昌大が復帰に動き出せた3つの理由

もっと見る