団体SP出場は裏目…浅田真央にメンタルとアウェーの壁

公開日: 更新日:

 ソチ五輪から採用されたフィギュアスケート団体で5位に終わった日本チーム。気になるのは浅田真央(23)の状態だ。団体ショートプログラム(SP)では、最初のジャンプで跳んだトリプルアクセルの着氷に失敗。尻もちをつき今季自己ワーストの64.07点で3位に終わった。

「(チームのみんなには)ごめんなさいという感じ。思っていた以上に緊張した。自分の気持ちをコントロールできなかった」と話した浅田について、一部の韓国メディアからは、「浅田は実戦の場に立つと大きく緊張する弱点がある。自身の無念の感情をそのまま吐露する」「国際大会の経験は豊富だが、依然としてメンタルには臆病さが見られた」なんて指摘もあった。

■実戦に緊張する弱点

 浅田は「あれだけ練習してきてこの演技。(不安が)出てきた」と弱気な言葉も漏らしたが、現地19日に始まる女子シングルでは、ライバルのキム・ヨナ(23・韓国)のほかにも、団体SPで浅田の得点を上回ったリプニツカヤ(15・ロシア)やコストナー(27・イタリア)ら強敵がズラリ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る