マー君初登板にNYメディア大絶賛「155ミリオンの価値」

公開日: 更新日:

 一夜明けた2日、地元ニューヨークのメディアのスポーツ報道は「田中一色」だった。

 最も「辛辣」といわれる「ニューヨーク・ポスト紙」(電子版)ですら「一言で言えばタナカは本当に格好よかった」という見出しで、記者のコラムを掲載。田中の当日の一挙手一投足を含めながら、7種類の変化球でフィリーズ打線を手玉に取ったことを紹介した。

 ライバル紙として知られる「デーリー・ニューズ紙」(電子版)も「マサヒロタナカが2回3三振で堂々デビュー」という見出しで、田中の投球をベタボメ。チームのエース格であるサバシアと黒田も同日、同じように好投しながら、それ以上に1万943人の満員の観衆を魅了したのは田中の投球だったと報じていた。

 同紙はさらに「マサヒロタナカはスプリットの良さをデビュー戦で存分に見せつけた」という見出しで、別の記者コラムも掲載。スプリットはわずか3球しか投げなかったものの、キレのよさでリビア(1番打者)を空振り三振にした場面を取り上げ、サバシアの「あのスプリットはダーティー(エグい)」というコメントとともに詳細に報じている。そのうえで記事の最後には「ヤンキースが払った155ミリオン(約160億円)は価値のあるものかもしれない」とも書いた。高級紙として知られる「ニューヨーク・タイムズ紙」(電子版)も「タナカ2回無失点デビュー」という同じような絶賛記事を掲載した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る