マー君初登板にNYメディア大絶賛「155ミリオンの価値」

公開日:  更新日:

 一夜明けた2日、地元ニューヨークのメディアのスポーツ報道は「田中一色」だった。

 最も「辛辣」といわれる「ニューヨーク・ポスト紙」(電子版)ですら「一言で言えばタナカは本当に格好よかった」という見出しで、記者のコラムを掲載。田中の当日の一挙手一投足を含めながら、7種類の変化球でフィリーズ打線を手玉に取ったことを紹介した。

 ライバル紙として知られる「デーリー・ニューズ紙」(電子版)も「マサヒロタナカが2回3三振で堂々デビュー」という見出しで、田中の投球をベタボメ。チームのエース格であるサバシアと黒田も同日、同じように好投しながら、それ以上に1万943人の満員の観衆を魅了したのは田中の投球だったと報じていた。

 同紙はさらに「マサヒロタナカはスプリットの良さをデビュー戦で存分に見せつけた」という見出しで、別の記者コラムも掲載。スプリットはわずか3球しか投げなかったものの、キレのよさでリビア(1番打者)を空振り三振にした場面を取り上げ、サバシアの「あのスプリットはダーティー(エグい)」というコメントとともに詳細に報じている。そのうえで記事の最後には「ヤンキースが払った155ミリオン(約160億円)は価値のあるものかもしれない」とも書いた。高級紙として知られる「ニューヨーク・タイムズ紙」(電子版)も「タナカ2回無失点デビュー」という同じような絶賛記事を掲載した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る