• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米メディアいらいら…マー君が食らったパパラッチの“洗礼”

 ヤンキースの田中将大(25)が、早くもパパラッチの洗礼を受けた。
 現地時間14日(日本時間15日)、キャンプ地のフロリダ州タンパで、報道陣に現時点で印象に残ったことを聞かれてこう答えた。
「マンハッタンでいろいろとパパラッチに何回も追い掛けられたりとか。タンパでも車を追い掛けられたり。大変ですね」

 なにしろ、まだ米国で1球も投げていないのに160億円で契約、3000万円で飛行機をチャーターしたヤンキースの大物ルーキー。「女房もポップスター」と、ニューヨークメディアは田中のグラウンド内外の言動に注目している。米国のファンもそれだけ興味津々なのだ。

 にもかかわらず、田中は11日(日本時間12日)の入団会見以降、この日までメディアに一切、肉声を発しなかった。
 ヤンキースの選手は注目度が高いこともあって、メディアやファンへの対応が半ば義務付けられている。今シーズン限りで引退を表明しているジーターや、薬物問題で今季の出場停止処分を食らっているA・ロッドですら、メディアにはそれなりに対応する。ファンのサインのリクエストにも極力応じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る