米メディアいらいら…マー君が食らったパパラッチの“洗礼”

公開日: 更新日:

 ヤンキースの田中将大(25)が、早くもパパラッチの洗礼を受けた。
 現地時間14日(日本時間15日)、キャンプ地のフロリダ州タンパで、報道陣に現時点で印象に残ったことを聞かれてこう答えた。
「マンハッタンでいろいろとパパラッチに何回も追い掛けられたりとか。タンパでも車を追い掛けられたり。大変ですね」

 なにしろ、まだ米国で1球も投げていないのに160億円で契約、3000万円で飛行機をチャーターしたヤンキースの大物ルーキー。「女房もポップスター」と、ニューヨークメディアは田中のグラウンド内外の言動に注目している。米国のファンもそれだけ興味津々なのだ。

 にもかかわらず、田中は11日(日本時間12日)の入団会見以降、この日までメディアに一切、肉声を発しなかった。
 ヤンキースの選手は注目度が高いこともあって、メディアやファンへの対応が半ば義務付けられている。今シーズン限りで引退を表明しているジーターや、薬物問題で今季の出場停止処分を食らっているA・ロッドですら、メディアにはそれなりに対応する。ファンのサインのリクエストにも極力応じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る