SB孫オーナーが胸を張る「総額40億円」補強の絶大効果

公開日:  更新日:

 大枚をはたいただけのことはある。開幕カードでロッテ相手に3連勝を飾ったソフトバンクのことだ。

 この3試合は自慢の強力打線が爆発。いずれも2ケタ安打で計36安打19得点。特に3番・内川(3試合12打数8安打)、4番・李(12打数7安打)は驚異的な数字を残した。投手陣も中田、岡島という新戦力が白星を手にし、サファテも3連投で早くも2セーブをマークした。

 ソフトバンクは昨オフ、一昨年打点王の李(元オリックス=2年総額9億円+出来高)を筆頭に、中田(中日=4年6億円+出来高)、スタンリッジ(阪神=2年4億円)、サファテ(西武=2年2億円)、鶴岡(日本ハム=4年5億円+出来高)、ウルフ(日ハム=2年3億円+出来高)ら他チームで活躍していた主力や助っ人を次々と買い漁った。メジャー復帰のため、12年オフに球団を飛び出した岡島(アスレチックス=5500万円+出来高)まで獲得し、補強費だけで30億円近くを投入。「実際にはこの金額の3割増し」(球団OB)ともいわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る