SB孫オーナーが胸を張る「総額40億円」補強の絶大効果

公開日: 更新日:

 大枚をはたいただけのことはある。開幕カードでロッテ相手に3連勝を飾ったソフトバンクのことだ。

 この3試合は自慢の強力打線が爆発。いずれも2ケタ安打で計36安打19得点。特に3番・内川(3試合12打数8安打)、4番・李(12打数7安打)は驚異的な数字を残した。投手陣も中田、岡島という新戦力が白星を手にし、サファテも3連投で早くも2セーブをマークした。

 ソフトバンクは昨オフ、一昨年打点王の李(元オリックス=2年総額9億円+出来高)を筆頭に、中田(中日=4年6億円+出来高)、スタンリッジ(阪神=2年4億円)、サファテ(西武=2年2億円)、鶴岡(日本ハム=4年5億円+出来高)、ウルフ(日ハム=2年3億円+出来高)ら他チームで活躍していた主力や助っ人を次々と買い漁った。メジャー復帰のため、12年オフに球団を飛び出した岡島(アスレチックス=5500万円+出来高)まで獲得し、補強費だけで30億円近くを投入。「実際にはこの金額の3割増し」(球団OB)ともいわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  9. 9

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る