古巣OBが明かす ソフトバンク・ウルフの気になる“性格”

公開日:  更新日:

 信用するのは、まだまだ早い。
 9日のDeNA戦に先発したのがソフトバンクのウルフ(33)。オープン戦2戦目となったこの日は4回3安打無失点。

「セットポジションを試せてよかった。いい調整になったよ。後は細かい制球だけかな」

 とニヤリ。
 昨季は日本ハムで22試合に先発。防御率3.05も、援護に恵まれず9勝6敗だった。その点、ソフトバンクは昨季のチーム打率はリーグトップの.274。すでに開幕ローテも内定しており、打線の援護があれば昨季以上の成績も期待できる。

 しかし、ある日ハムOBは「そううまくいくかどうか」とこう話す。

「日ハムではとにかくワガママ放題。子供みたいな性格で、『あの球場のマウンドは嫌だ』『この登板間隔では投げられない』など愚痴ばかりこぼしていた。いかに気分よく投げさせるかが大事な投手なので、リードのうまい捕手よりも、自分の方針に従ってくれる若い捕手の方が相性がいい。だから日ハムでは鶴岡ではなく大野が女房役だった。その鶴岡と細川、どちらが正捕手になるにせよ、2人ともリードには一家言ある捕手。ウルフがカンシャクを爆発させるのは時間の問題じゃないか」

 単なる古巣のやっかみならいいのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る