日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

古巣OBが明かす ソフトバンク・ウルフの気になる“性格”

 信用するのは、まだまだ早い。
 9日のDeNA戦に先発したのがソフトバンクのウルフ(33)。オープン戦2戦目となったこの日は4回3安打無失点。

「セットポジションを試せてよかった。いい調整になったよ。後は細かい制球だけかな」

 とニヤリ。
 昨季は日本ハムで22試合に先発。防御率3.05も、援護に恵まれず9勝6敗だった。その点、ソフトバンクは昨季のチーム打率はリーグトップの.274。すでに開幕ローテも内定しており、打線の援護があれば昨季以上の成績も期待できる。

 しかし、ある日ハムOBは「そううまくいくかどうか」とこう話す。

「日ハムではとにかくワガママ放題。子供みたいな性格で、『あの球場のマウンドは嫌だ』『この登板間隔では投げられない』など愚痴ばかりこぼしていた。いかに気分よく投げさせるかが大事な投手なので、リードのうまい捕手よりも、自分の方針に従ってくれる若い捕手の方が相性がいい。だから日ハムでは鶴岡ではなく大野が女房役だった。その鶴岡と細川、どちらが正捕手になるにせよ、2人ともリードには一家言ある捕手。ウルフがカンシャクを爆発させるのは時間の問題じゃないか」

 単なる古巣のやっかみならいいのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事