孫社長は2313億円! 自社株売りで創業者たちウハウハ

公開日: 更新日:

 上場企業の創業者が、ここへきて自社株の売却を加速させている。理由は“節税”。株式の譲渡益や配当にかかる税金を20%から10%に軽減する「証券優遇税制」が今年末で終わり、年を越すと課税額が倍になってしまうからだ。さらに、最近の株高で売却益も膨らんでいる。年末まで創業者の駆け込み売りが増えそうだ。

 今月に入って関東財務局に提出された大量保有報告書によると、ソフトバンクの孫正義社長(56)は5日、個人で保有する自社株3000万株を売却していた。市場外取引で1株当たりの売値は7710円。この日のソフトバンク株の終値と同じ額だ。取得したのは自らの資産管理会社の一社「孫エステート」。売却額は2313億円にのぼった。

「これだけ大量の株式を市場で一気に放出したら株価が暴落しかねません。証券優遇税制が終了する前に、緊急避難的に資産管理会社に売っておこうということでしょう。このところ高値で推移しているソフトバンク株ですが、10月23日に年初来高値の7910円を付けた後、いったん下落したものの今月5日は戻り高値で一時7800円まで上がった。孫社長は売り時のカンがいい」(経済ジャーナリスト・有森隆氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る