引退への片道切符になりそうなソフトバンク松中の2軍落ち

公開日: 更新日:

 ひっそり引退することになりそうだ。
 26日、ソフトバンクの松中信彦(40)が二軍キャンプに降格。25日に腰の張りを訴えて早退し、韓国・斗山との練習試合を欠場していた。

「前のクールで張り切りすぎた」
 と話し、二軍落ちも「3、4日(一軍を)離れて万全に戻したい」(小川ヘッドコーチ)との配慮だが、いくら体調が万全になったところで一軍に松中の居場所はない。

 ソフトバンクはオフにオリックスから李大浩を獲得。一塁とDHでポジションがかぶる上に、昨季ブレークした7年目中村や売り出し中の4年目柳田らも虎視眈々(たんたん)とこのポジションを狙っている。まして、昨季は代打中心の起用法に不満を抱き、交流戦優勝のセレモニーをボイコット。激怒した秋山監督から即座に二軍落ちを命じられた。いくら松中がホークス一筋の功労者とはいえ、満身創痍(そうい)の上にチームの和を乱すベテランが開幕後も一軍でチャンスを与えられる可能性はゼロに等しい。

 肉体的にもすでに限界。ホークスで同僚だった城島は、12年に阪神の二軍で引退した。犬猿の仲だった両者が、どうやら同じ末路をたどることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る