引退への片道切符になりそうなソフトバンク松中の2軍落ち

公開日:  更新日:

 ひっそり引退することになりそうだ。
 26日、ソフトバンクの松中信彦(40)が二軍キャンプに降格。25日に腰の張りを訴えて早退し、韓国・斗山との練習試合を欠場していた。

「前のクールで張り切りすぎた」
 と話し、二軍落ちも「3、4日(一軍を)離れて万全に戻したい」(小川ヘッドコーチ)との配慮だが、いくら体調が万全になったところで一軍に松中の居場所はない。

 ソフトバンクはオフにオリックスから李大浩を獲得。一塁とDHでポジションがかぶる上に、昨季ブレークした7年目中村や売り出し中の4年目柳田らも虎視眈々(たんたん)とこのポジションを狙っている。まして、昨季は代打中心の起用法に不満を抱き、交流戦優勝のセレモニーをボイコット。激怒した秋山監督から即座に二軍落ちを命じられた。いくら松中がホークス一筋の功労者とはいえ、満身創痍(そうい)の上にチームの和を乱すベテランが開幕後も一軍でチャンスを与えられる可能性はゼロに等しい。

 肉体的にもすでに限界。ホークスで同僚だった城島は、12年に阪神の二軍で引退した。犬猿の仲だった両者が、どうやら同じ末路をたどることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る