ロ軍浮沈のカギ握る青木は「6勤1休」のベテラン特権

公開日:  更新日:

 新天地で、ようやくバットが振れてきた。今季はロイヤルズでプレーする青木宣親(32=前ブルワーズ)が、牽引役として機能し始めている。

 7日のレイズ戦では今季初の三塁打を放つなど、出場3戦連続安打。ここまで20打数6安打で、打率を3割の大台に乗せた。3戦連続で長打も放っており、青木に安打が出た試合は3連勝中。リードオフマンとして期待通りの働きを見せている。

 投手が打席に入るナ・リーグとは異なり、今季はDH制のあるア・リーグ。オープン戦では9番を打ち、機動力もあるエスコバー内野手と盗塁のタイミングを図るなど、積極的にチームに溶け込んできた。後続にはホズマー、ゴードン、バトラーと長打力のある主力が控えているだけに、今季はこれまで以上に出塁を心がけているという。

■チームは投打のバランス良し

 昨季は不動のリードオフマンを務めながら、度重なる故障もあって終盤に失速した。ワールドシリーズを制した85年以来のポストシーズン進出を目指すロイヤルズのムーアGMは、青木をキーマンに指名。シーズンを通じ、打線の牽引役として期待しているため、今季は定期的に休養を与える方針だ。青木の体調や疲労度にもよるが、6勤1休が基本的な勤務形態になるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る