ロ軍浮沈のカギ握る青木は「6勤1休」のベテラン特権

公開日: 更新日:

 新天地で、ようやくバットが振れてきた。今季はロイヤルズでプレーする青木宣親(32=前ブルワーズ)が、牽引役として機能し始めている。

 7日のレイズ戦では今季初の三塁打を放つなど、出場3戦連続安打。ここまで20打数6安打で、打率を3割の大台に乗せた。3戦連続で長打も放っており、青木に安打が出た試合は3連勝中。リードオフマンとして期待通りの働きを見せている。

 投手が打席に入るナ・リーグとは異なり、今季はDH制のあるア・リーグ。オープン戦では9番を打ち、機動力もあるエスコバー内野手と盗塁のタイミングを図るなど、積極的にチームに溶け込んできた。後続にはホズマー、ゴードン、バトラーと長打力のある主力が控えているだけに、今季はこれまで以上に出塁を心がけているという。

■チームは投打のバランス良し

 昨季は不動のリードオフマンを務めながら、度重なる故障もあって終盤に失速した。ワールドシリーズを制した85年以来のポストシーズン進出を目指すロイヤルズのムーアGMは、青木をキーマンに指名。シーズンを通じ、打線の牽引役として期待しているため、今季は定期的に休養を与える方針だ。青木の体調や疲労度にもよるが、6勤1休が基本的な勤務形態になるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る