ロイヤルズ青木 電撃移籍で期待高まる「200安打とMVP」

公開日: 更新日:

 来季も日本人選手が主役の一端を担うかもしれない。ロイヤルズに電撃移籍した前ブルワーズ・青木宣親(31)のことだ。

 レッドソックス・上原浩治(38)がリーグ優勝決定シリーズでMVPに選ばれたように、来季は青木が勲章を手にする可能性がある。

 ロイヤルズのムーアGMはすでに青木の起用法について「1番・右翼に据える」と断言。「走攻守すべてで安定している。100得点は計算できる」と期待の高さを口にしている。

 今季の青木が放った内野安打(43)はメジャートップ。加えて本拠地カンザスシティーの気候も追い風になりそうだ。

 カウフマンスタジアムは中西部特有の乾燥帯に位置するため、夏場は地面が乾き、硬くなる。したがって野手の間を抜ける打球が増えやすい。これまで同様、ムリに引っ張ろうとせず、左中間方向への打球を意識すれば、安打を量産する可能性もある。本人が「毎日、チームに貢献したい。(200安打、100得点とも)僕にもできる自信はある」と話すように、目標の200安打達成は決して夢ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  2. 2

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  3. 3

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  4. 4

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

もっと見る