黒田は越えられ、イチローはハネ返されるヤ軍「年齢の壁」

公開日:  更新日:

 黒田博樹(39)とイチロー(40)。ともにヤンキースに所属して、年齢もひとつしか違わないのに、その境遇は天と地ほどの開きがある。

 先発2番手の右腕エースで、年俸16億円の黒田に対し、イチローは外野の控えのそのまた控えという扱い。本人はオフのトレーニングや調整がうまくいったのか、今季に自信をもっているといわれるものの、キャンプで出遅れたソリアーノにメドが立てばすぐさま放出されるらしい。

 メジャーは特に35歳を過ぎた野手に対してシビアだ。

 松井秀喜が35歳でヤンキースとの再契約を見送られたように、中でも長距離打者はその年齢を境にパワーダウンするというのはほぼ定説になっている。

■野手で評価ダウンは致命傷

 イチローはしかし、ヒットメーカーだ。安打にはパワーより技術が重要なのに、それでもヤンキースでは勝負する機会さえ与えられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る