日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

黒田は越えられ、イチローはハネ返されるヤ軍「年齢の壁」

 黒田博樹(39)とイチロー(40)。ともにヤンキースに所属して、年齢もひとつしか違わないのに、その境遇は天と地ほどの開きがある。

 先発2番手の右腕エースで、年俸16億円の黒田に対し、イチローは外野の控えのそのまた控えという扱い。本人はオフのトレーニングや調整がうまくいったのか、今季に自信をもっているといわれるものの、キャンプで出遅れたソリアーノにメドが立てばすぐさま放出されるらしい。

 メジャーは特に35歳を過ぎた野手に対してシビアだ。

 松井秀喜が35歳でヤンキースとの再契約を見送られたように、中でも長距離打者はその年齢を境にパワーダウンするというのはほぼ定説になっている。

■野手で評価ダウンは致命傷

 イチローはしかし、ヒットメーカーだ。安打にはパワーより技術が重要なのに、それでもヤンキースでは勝負する機会さえ与えられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事