打って走って誤射されて…西武4番・浅村の“孤軍奮闘”

公開日: 更新日:

 17日にロッテを13-4の大差で下した西武。前日までチーム打率.201だったとは思えない貧弱打線を蘇らせたのが、主砲“代理”の浅村栄斗(23)だ。

 この日は4打数3安打6打点。初回に満塁弾を放つと、体を張ったプレーも見せた。三回に森本の右飛で二塁からタッチアップした際、中継した鈴木の送球が肩の後ろを直撃。その場にバッタリ倒れて悶絶し、しばらく起き上がれなかった。それでもトレーナーらの助けを借りていったんベンチ裏に戻ると、治療を終えて試合に復帰。1点差に詰め寄られた五回には4号ソロ弾、七回には犠飛まで打ったのだから、ベンチの盛り上がりは最高潮に達した。

■チーム唯一の3割打者

 西武のチーム打点は51点。うち3分の1近い16点を浅村ひとりで叩き出している。さらに言えば、チーム唯一の3割打者でもある。もし、浅村がケガで離脱なんてことになれば、西武は白旗を揚げるしかないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る