打って走って誤射されて…西武4番・浅村の“孤軍奮闘”

公開日:  更新日:

 17日にロッテを13-4の大差で下した西武。前日までチーム打率.201だったとは思えない貧弱打線を蘇らせたのが、主砲“代理”の浅村栄斗(23)だ。

 この日は4打数3安打6打点。初回に満塁弾を放つと、体を張ったプレーも見せた。三回に森本の右飛で二塁からタッチアップした際、中継した鈴木の送球が肩の後ろを直撃。その場にバッタリ倒れて悶絶し、しばらく起き上がれなかった。それでもトレーナーらの助けを借りていったんベンチ裏に戻ると、治療を終えて試合に復帰。1点差に詰め寄られた五回には4号ソロ弾、七回には犠飛まで打ったのだから、ベンチの盛り上がりは最高潮に達した。

■チーム唯一の3割打者

 西武のチーム打点は51点。うち3分の1近い16点を浅村ひとりで叩き出している。さらに言えば、チーム唯一の3割打者でもある。もし、浅村がケガで離脱なんてことになれば、西武は白旗を揚げるしかないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る