打って走って誤射されて…西武4番・浅村の“孤軍奮闘”

公開日: 更新日:

 17日にロッテを13-4の大差で下した西武。前日までチーム打率.201だったとは思えない貧弱打線を蘇らせたのが、主砲“代理”の浅村栄斗(23)だ。

 この日は4打数3安打6打点。初回に満塁弾を放つと、体を張ったプレーも見せた。三回に森本の右飛で二塁からタッチアップした際、中継した鈴木の送球が肩の後ろを直撃。その場にバッタリ倒れて悶絶し、しばらく起き上がれなかった。それでもトレーナーらの助けを借りていったんベンチ裏に戻ると、治療を終えて試合に復帰。1点差に詰め寄られた五回には4号ソロ弾、七回には犠飛まで打ったのだから、ベンチの盛り上がりは最高潮に達した。

■チーム唯一の3割打者

 西武のチーム打点は51点。うち3分の1近い16点を浅村ひとりで叩き出している。さらに言えば、チーム唯一の3割打者でもある。もし、浅村がケガで離脱なんてことになれば、西武は白旗を揚げるしかないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る