西武が獲得検討のラミレス 気になる年俸とBCリーグの待遇

公開日:  更新日:

 本当なら跳び上がって喜ぶに違いない。

 スポーツ紙で報道された「西武が前DeNAラミレスの獲得調査」。開幕8試合を終えて、リーグ最下位のチーム打率.196、3本塁打と貧打にあえいでいる。伊原監督が「5番DH」として期待していた坂田と主砲の中村が、開幕直前にケガで離脱。長距離を打てる打者はノドから手が出るほど欲しい。

 この報道に恐らく、「ようやく来たか!」と歓喜しているのがBCリーグ群馬でプレーしているラミレス(39)。DeNAを退団した昨オフ、オファーが来たのは1球団だけ。それも2月にはご破算になった。独立リーグに入団したのも、日本球界からのオファーを待ってのことだ。

■昨季年俸は3億5000万円

 気になるのが西武に入団した場合の年俸だ。巨人時代は最高5億円、DeNAをクビになった昨季は3億5000万円。これほどの高額契約は無理だろうが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る